セミナー

中小製造業の方向け、知的財産初心者の方向けのセミナーを企画しています。
また、自ら講師としても登壇しています。

 

下請け力活用セミナー(主催:一般社団法人データマーケティングラボラトリー 様)
2018.3.15 @ワン・デイ・オフィス・トーキョー(東京都渋谷区)

【タイトル】下請け技術を活かした新商品の企画・開発

下請け力活用セミナーは、下請け企業さんに対し、下請けで培った力(下請け力)を活かして、新たな商品を作り販路を広げていくことを提案する、新たな切り口のセミナーです。今回は、中小企業診断士さん、技術士さんとのコラボセミナーとなりました。

ヤマダは、下請け技術を活かしてオリジナル商品を企画・開発している企業の成功事例を紹介し、下請け企業さんがオリジナル商品づくりに取り組む際のポイントを解説しました。

▲ セミナー風景

【セミナー紹介ページ】

 

淡路町ゼミ・月例会(主催:淡路町知財研究会 様)
2018.2.24 @神田公園区民館(東京都千代田区)

【タイトル】特許事務所の集客手段としてのコンテンツマーケティング

淡路町ゼミ、2回目の登壇です。

今回のテーマは集客。見込み客にとって有用な情報を発信し、そこを起点に集客し、仕事を取っていく手法「コンテンツマーケティング」について紹介しました。

ヤマダが日頃、取り組んでいるブログやSNSを使った情報発信について、その狙いや効果を解説しました。

▲ セミナー風景

 

ものづくりセミナー in 静岡・三島(主催:チャンスに変える起業塾 様)
2017.12.15 @カフェ&スペース ほとり(静岡県三島市)

【タイトル】ヒット商品を企画しよう! 弁理士直伝!はじめての差別化戦略ワークショップ

静岡で女性の起業を支援している「チャンスに変える起業塾」様からお呼びがかかり、初の地方出張セミナーが実現しました。

オリジナル商品作りに必須の戦略である差別化戦略がテーマです。ワークも交えながら、独自性のある、付加価値の高い商品を作るためのアプローチを伝授しました。

▲ 参加者の方々と記念撮影

 

ウェブ心理塾セミナー祭り2017(主催:ウェブ心理塾事務局 様)
2017.11.18 @リロの会議室・田町(東京都港区)

【タイトル】個人事業主のための ブランド戦略&商標登録 基本のキ

ウェブ心理塾は精神科医でビジネス書作家の樺沢紫苑先生が主宰するビジネス勉強会です。

そのウェブ心理塾が主催する、年に一度のビッグイベント「セミナー祭り」に登壇しました。個人事業主の方を対象に、ブランドづくりと商標登録の基本的な部分をレクチャーしました。セミナー後には相談会も行っています。

▲ セミナー風景

▲ 相談会風景

【セミナー紹介ページ】

 

知的財産セミナー2017(主催:⽇本弁理⼠会 関東⽀部 様)
2017.9.8 @弁理⼠会館(東京都千代田区)

【タイトル】差別化戦略・基本の「キ」 ~商品企画の4つの視点~

弁理士会の中小企業・ベンチャー支援委員会では知財初心者向けセミナーを企画・運営しています。中小V委の企画するセミナーは、3年連続の登壇となりました。

テーマは中小企業に必須の差別化戦略。具体的な成功事例を紹介しつつ、商品企画のキモをお伝えしました。座学の講義の後にワークを行い、学んだ知識をその場で定着させ、すぐに使える実践的な知識に昇華させるよう工夫を凝らしています。

▲ セミナー風景

【セミナー紹介ページ】

 

東京フードビジネス交流会・月例会(主催:東京フードビジネス交流会 様)
2017.5.24 @中目黒カンファレンスルーム(東京都目黒区)

【タイトル】フードビジネスのブランド戦略

フードビジネス(飲食業)に関わる方々の交流会でお話をさせてもらいました。

まず、前菜として、フードビジネスにも知的財産(特許、意匠、商標)があるんですよというお話をしました。

その上で、メインディッシュとして「イケてる店名・イケてない店名」というタイトルで、お店のブランディングに直結する、店名の付け方について、商標登録のしやすさ、使い勝手の良さという観点も交えて解説しました。

 

知的財産セミナー2016(主催:⽇本弁理⼠会 関東⽀部 様)
2016.12.5 @弁理⼠会館(東京都千代田区)

【タイトル】ヒット商品をつくる! はじめての『差別化戦略』

弁理士会・関東支部が主催するセミナーに2回目の登壇。

ヤマダの所属する部会ではワークショップ形式のセミナーを推進しています。前半戦で商品の差別化戦略について学んでもらった後、後半戦では「社運をかけて新しいメガネを開発せよ!」というテーマで、実際に商品を企画してもらうワークに取り組んでもらいました。

弁理士が思いつかないような視点から斬新なアイデアがたくさん出ましたね。講師の独断で優秀賞を決定し、商品をプレゼントしたり、セミナー後に軽くお酒を飲みながらの懇親会があったりと、従来の弁理士会のセミナーの枠を壊すような新しいスタイルのセミナーを提案できたのではないかと思っています。

【セミナー紹介ページ】

 

虎の巻 発明教室(主催:⼀般社団法⼈ 特許の⻁ 様)
2016.6.28 @銀座区⺠館(東京都中央区)

【タイトル】あなたのアイデアをもっと輝かせる! 発明アイデアのブラッシュアップ法

ベテラン弁理士・遠藤和光先生が主宰をされている、⼀般社団法⼈ 特許の⻁さんの発明教室でお話をさせてもらいました。

まず、小学生発明家の神谷明日香ちゃんが特許を取得したスチール缶とアルミ缶の分別機について解説し、アイデア商品の作り方をイメージしてもらいました。その後、「今までにない新しい文房具を開発せよ!」というテーマで、実際に商品を企画するワークにチャレンジしてもらいました。

ユニークなアイデアがたくさん出て、楽しいセミナーになりました。

【セミナー紹介ページ】

 

知的財産セミナー2015(主催:町⽥商⼯会議所 様、⽇本弁理⼠会 関東⽀部 様)
2016.2.5 @町⽥商⼯会議所(東京都町田市)

【タイトル】脱・下請け! 知財を意識したオリジナル製品の作リ⽅

弁理士会・関東支部が主催する外部セミナーに初めて登壇しました。

町田の商工会議所で、中小企業経営者の方を対象に、下請け脱却の方策の一つである、B2B(企業向け)からB2C(一般消費者向け)への転換についてお話をしました。

公的なセミナーへの登壇は初めて。また、町田の商工会議所というアウェーな地でのセミナーということで、完全に舞い上がり、足の震えが止まりませんでした。経営者の方々の値踏みしているような目線が怖かった(汗)

難しい質問をされないように、持ち時間±10秒という正確さで講義を終わらせたのを覚えています(笑)

▲ セミナー風景

【セミナー紹介ページ】

 

淡路町ゼミ・月例会(主催:淡路町知財研究会 様)
2015.10.31 @内神田集会所(東京都千代田区)

【タイトル】化学系弁理士必見「機械系明細書の書き方 初歩の初歩」

 

最初のセミナー登壇は淡路町知財研究会の月例会でした。弁理士試験の受験ゼミを母体とするこの研究会は、参加者の殆どが弁理士さん。毎月末に判例研究を主体とするセミナーを開催しています。

ヤマダがテーマにしたのは、機械系(構造系)のアイデア(発明)の特許明細書の書き方です。化学が専門の弁理士さんは機械のような構造に特徴がある発明の明細書作成を苦手とする方が結構多いのです。そこで、化学と機械の両分野を得意とするヤマダが機械系明細書を書く際のポイントをレクチャーしました。