銀座イマカツ(東銀座) ~歌舞伎座の裏通りで黄金色のカツを頂く~ <食べある記(2016.12.17)>

はじめに

今日は中国事情に詳しいCさんが事務所にご来訪。珍しく土曜日の打ち合わせです。

朝の10時から2時間ほど中国でのビジネスについて密談。そろそろお昼ということで、Cさんご所望のトンカツを求めて外に繰り出しました。

今日は歌舞伎座裏のトンカツ屋さん「銀座イマカツ」を紹介します。

銀座イマカツは歌舞伎座裏の名店

Cさんの行きたかったトンカツ屋さんは残念なことに閉店してしまった模様。さくっとググって、事務所の近所に「銀座イマカツ」を見つけました。

事務所を出て昭和通りを歌舞伎座方面に向かい、たくさんの人に囲まれてパフォーマンスするサンタ姿のぐんまちゃんを横目に晴海通りを横切り、歌舞伎座の前を通過して裏通りへ。

程なく「銀座イマカツ」の藍色ののれんを見つけました!

ささみカツが定番らしい…

土曜日だからか、12時前だったせいか、並ぶことなくスムーズに入店できました。早速メニューを拝見。

あら?

メニューが普通のとんかつ屋さんとはちと違う感じです。普通のお店なら定番のはずのヒレカツ膳がない! とりあえずメンチカツ・一口ヒレ膳を注文しました。後で調べたら、このお店、ささみカツで有名なんですね。なるほどなるほど。

料理が出てくるのを待っているとまず登場したのが皿盛りの千切りキャベツ。トンカツ屋さんの千切りキャベツって美味しいですよね。ゴマダレ風のドレッシングをかけると更に美味。

キャベツをつまんでいると、来ました来ました。主役のご登場。

小ぶりの一口ヒレカツ&メンチカツ、ナスとエリンギ?のフライのセットです。ザクっバリっという衣ではありません。細かいパン粉が薄く付いていて繊細な衣です。そして色もキツネ色ではなく、もっと薄い黄金色。低温でじっくり揚げているのかもしれません。

ヒレカツはしっとり軟らか。中がレアか?と間違えるくらい。肉がモチっとしている新食感のカツです。メンチカツは「肉汁滴る」というほどではないですが、ジューシーで美味しかったですよ!

このお店のカツは熱々ではありません。温い(ぬくい)と言ったらいいでしょうか。じんわりと熱が伝わる感じ。この温度感も初体験ですね。色々とプロの技を見せてもらった感じがします。今まで食べたカツとはちょっと違います。やはり揚げ物はお店で食べるのがいいですね!

ちょっと残念なのはボリュームかな…。カツが小さく、少食の私でも物足りないくらい。単品で1,2品プラスするか、もう少し上の価格帯のものを頼む方がよさそうです。

いずれにしても名物のささみカツを食べ損ねてしまったので再訪したいと思います!

おまけ

銀座イマカツの並びには、オムライスで有名な「喫茶YOU」があります。今日も大行列でした。その隣にはビーフシチューで有名な「銀之塔」も。この両店もいずれ訪れてみたいと思います。

お店情報

銀座イマカツ

”東京都中央区銀座4−13−18

 

喫茶YOU

銀之塔

オススメの記事

銀座のお店についての記事はこちら。

 

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

 

銀座・東銀座「クロスリンク特許事務所」弁理士のヤマダです。 機械(構造)分野、化学(材料)分野を中心に、中小企業のモノづくりをサポートしています。 商品の企画・開発、商品の差別化戦略、特許取得その他の知財戦略、何でもご相談ください!

いいね!やフォローでブログの更新情報が届きます!