バーディーハウス三浦海岸(三浦海岸) ~三浦旬菜オーベルジュは三崎の魚、三浦の野菜を活かしたイタリアンとアットホームなおもてなしが魅力!~ <食べある記(2017.03.10)>

はじめに

三浦海岸のイタリアンが美味しいオーベルジュに宿泊してきました。

三崎の魚や三浦の野菜。地の新鮮食材を活かしたイタリアンと、まるでペンションのようなアットホームなおもてなしが魅力的でした!

今日は、三浦海岸の小さなホテル「バーディーハウス三浦海岸」さんを紹介します。

オーベルジュ。料理自慢のお宿に期待が膨らむ

三浦海岸での合宿セミナーに備えて前泊する宿を物色。そこでヒットしたのが「バーディーハウス三浦海岸」さんでした。

別名「三浦旬菜オーベルジュ」。三浦の捕れたての魚介と旬な野菜を活かした創作イタリアンが愉しめるリゾートオーベルジュです。「オーベルジュ」って、宿泊施設を備えたレストランなんですね。お料理には相当自信があると見ました。これは楽しみだ!

宿泊当日にトラブル発生!

そしてやってきた宿泊当日。ヤマダは焦っていました。確定申告のために税理士さんに提出しなければいけない資料がまだ完成していなかったのです。ガチャガチャとキーボードを叩いて、エクセルにデータがまとまったのが16時頃。

「よしっ!これを印刷すれば終わりだ!」と思って、印刷ボタンをクリックしたら、なんとPCがフリーズ! 1時間くらいの作業内容が吹っ飛び、データを作り直す事態に…。泣きながらデータを作り終えたときには時計は既に17時過ぎ。

それから慌てて準備をし、出発したのが18時。三浦海岸の駅に着いた頃にはとっぷりと日も暮れ、時計は20時を回っていました。

▲ 駅に着いた時は辺りは真っ暗

お料理

本来なら食事は19時スタート。これだけ遅れると、「対応できません」と言われても仕方のないところ。

でも、ここでバーディーハウスさんは神対応!

「少し速めに(料理を)出しますね」とだけ言って、料理を提供してくれることになりました(感謝)。地物の旬菜や鮮魚を活かした会席風イタリアンのフルコース。はじまりはじまり!

三浦野菜のサラダ仕立て(前菜)

まずは前菜から。三浦の野菜を使ったサラダです。

▲ 彩り鮮やかな具だくさんサラダ&濃厚な洋ナシジュース

三崎のマグロにタコ、サーモン。モッツァレラ、生ハム、イタリアンソーセージも入っています。

野菜はフルーツトマトに、三浦の名物、大根! 水っぽくないんですよね。しっかりした食感で噛みしめると甘みがあります。彩り豊か。食材もバラエティに富んでいる。ボリュームもあって、前菜には十分過ぎる、食べでのあるサラダでした!

横にあるのは、日本ではあまり見かけない洋ナシのジュース「スッコ・ディ・ペーラ」。果汁70%と書いてあったけど、かなり濃厚。美味しかった!

<三浦産>紫カリフラワーのスープ(スープ)

お次はスープ。

これまた珍しい!紫カリフラワーのスープです。

▲ キレイな紫色です。紫のカリフラワーって見たことありません!

あえて食感を残した、まるでリゾットのような口当たりの濃厚なスープです。優しい塩味が野菜本来の味を引き出している感じ。これは美味いですね! 他のお客さんにもこのスープは大人気でした。

奥にあるのは溶岩釜で焼いたバケット。フランスパンよりは軟らかい。でも、しっかり焼いてあって噛みしめると美味しいタイプのパンです。オリーブオイルを付けたり、スープを絡ませたり。こちらも美味しく頂きました。

無農薬野菜の盛り合わせ(シェフからのサービス)

ここで、メニューにはないスペシャル料理が! シェフから、メニューにない野菜の盛り合わせがサービスされました。

▲ ザ・野菜って感じです

シェフのご自慢の野菜なんでしょうね。ソースもない。ドレッシングもない。塩すらない。全く手を入れていない素の野菜です。

大根もキュウリもラディッシュも、噛むとパキッと、しっかりした歯ごたえがあります。東京で食べるものより香りも強いです。何というか…。生命力を感じる味です。地の野菜、採れたての野菜はそれだけで美味いんですね!

パスタ ~ジャガイモのニョッキ~

ここで大失態!

お腹が減っていたせいかパスタの写真を撮り忘れました。

運ばれてくる時に既にチーズの香りがフワッと漂って食欲をそそります。白玉のようなもっちりした食感のニョッキに、濃度の高いクリームソースがかかっています。表面は冷めていても、食べ進めていくと中は熱々。

あまりニョッキは頼まないけれど、これは美味しかった! バクバクと食べてしまい、すぐに完食です!

三崎港真鯛のソテー アサリのソース(魚料理)

そして、魚料理。シンプルな真鯛のソテーです。

▲ スープを吸った春菊とちりめんキャベツも美味しかった!

淡白な白身の鯛に、ほんの少しの塩。あさりの旨味を活かした優しいあっさり味。あさりだけに!(失礼…)。

シェフに「あえて塩を抑えているんですか?」とお聞きしたら、「えぇ。やっぱり食材の味を活かしたいんで。」とおっしゃっていました。あさりの旨味を吸った、ちりめんキャベツも美味しかったですよ!

合鴨のロースト ラズベリーソース(肉料理)

最後は肉料理。合鴨のローストです。

▲ 合鴨は食感と脂です!

他の方はローストビーフだった模様。合鴨はヤマダだけ。ちょっと特別な感じがします♪

鴨より柔らかいけれど、鶏肉よりはずっと弾力がある。そして脂にコクがある感じ。ほんのり甘く酸味の効いたラズベリーソースがよく合います。お酒の好きな人なら赤ワインを飲みたくなるかもしれません。

自家製パンナコッタ 三浦イチゴソース(デザート)

そして、お約束のドルチェ。今日はパンナコッタです。

▲ お徳用サイズのパンナコッタに濃厚なイチゴソースを添えて

レストランのドルチェって結構、貧相だったりします。でもここのは大ぶりの容器に入っていて、スイーツ好きも満足できるボリュームです。ツルンとした食感のパンナコッタに、カットしたイチゴが添えられています。その上からかかっているイチゴのソースが濃厚!

深煎りイタリアンローストのコーヒーと一緒に頂きました。
今日はブラックで…。

まとめ

美味しいし量も十分。大満足でした。そして、サービスが心地よいです。予定より大分遅れてしまったんですけど、本当に良くしてもらいました。

広々として天井も高く、開放感があるレストランです。女性ヴォーカリストの歌うジャズナンバーがBGMで流れていました。時間の流れもゆったりとしていて、くつろげます。

遅く着いたので、最後は貸し切り状態(笑) 贅沢な時間を過ごさせてもらいました。

▲ レストランスペースは広々。カラフルなチェアーがポップでおしゃれ。

次は少しお酒も飲ませてもらおう。いい時間を過ごせそうです。定期的に訪れたいお店です!

▲ シェイカーを振りたくなります。

朝食の具だくさんスープも美味しい

朝食も頂きました。

▲ 可愛らしいウェルカムボード

▲ 朝は具だくさんスープ。朝から温かい料理。身体が温まります。

宿は小ぶりでアットホーム

宿もよかったです。モノクロにしてみました。カッコよくないですか?(笑)

3階建ての小ぶりなホテルです。そんなにスタッフも多くないでしょうから、そうじ一つとっても大変だと思います。

でも皆さん笑顔! まるでペンションのようなアットホームな対応が嬉しいんですよね。

▲ リゾートペンション風のチェックインカウンター

▲ 部屋も一人には十分過ぎる広さ。ゆっくりとくつろげます。

お店情報

バーディーハウス三浦海岸(引用元:宿LABO)

ホテルのHPがないので、宿LABOさんの記事を参考にしてください。

”神奈川県三浦市南下浦町上宮田555”

オススメの記事

食べある記の過去記事はこちら!



 

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

 

銀座・東銀座「クロスリンク特許事務所」弁理士のヤマダです。
機械(構造)分野、化学(材料)分野を中心に、中小企業のモノづくりをサポートしています。
商品の企画・開発、商品の差別化戦略、特許取得その他の知財戦略、何でもご相談ください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です