サポセントゥ ディ アキ(築地) ~新富町駅近くのイタリアン。サルディーニャ名物の羊肉料理はボリューム満点!~ <食べある記(2017.03.30)>

はじめに

「イタリアンは食傷気味…」なんて方はいませんか? イタリア料理といっても、地方によって食材や味付けは全く違います。まだまだ未開拓のイタリア料理もあるんじゃないですか?

今日はサルディーニャ島の郷土料理をベースにしたイタリアンを提供している「サポセントゥ ディ アキ」さんを紹介します!

サルディーニャ名物は海の幸と羊!

ゼミ仲間のさっこちゃんが事務所に遊びに来てくれるというので、事務所から近い東銀座・築地エリアのレストランを物色。

イタリアンがご所望ということで、今回選んだのが「サポセントゥ ディ アキ」さん。このお店の自慢はサルデーニャ島の郷土料理です。サルディーニャといえば、地中海から取れる海の幸、そして島に放牧されている羊!

ちょっと変わったイタリアンを食べられそうです。楽しみ楽しみ。

東銀座の事務所から歌舞伎座の前を抜けて新富町へ

事務所を出て、昭和通りを日本橋方面へ。東銀座駅のある三原橋の交差点を右折して晴海通りに入ります。歌舞伎座の前を通過し、万年橋を渡り、更に進みます。タリーズの角を左折し、しばらく歩くと左手にお店が見えました。

▲ ちょっと古びた感じの店構え。手書きのボードに自慢の料理が並ぶ

最寄りは有楽町線・新富町駅(徒歩2-3分)。日比谷線・築地駅にも近いです(徒歩5分)。東銀座駅からだと徒歩10分くらいかかりました。

今日のお料理

今日のお料理はシェフにおまかせのディナーコース。アミューズ、前菜×2品、パスタ×2品、メイン料理、デザートの全7品のコースです。

新玉葱のパンナコッタ(アミューズ)

アミューズは新玉葱のパンナコッタ。まるでドルチェのような可愛らしい造形の一口前菜です。

▲ 新玉葱のパンナコッタ

塩味は控えめ。新玉葱の香りと甘みが引き立っています。ソフトでプルンとした触感が楽しめます。

ヤリイカの炙り(前菜1品目)

1つ目の前菜はヤリイカの炙り。軽く炙ったヤリイカにアサリと春菊を和えた春らしい一品です。

▲ ヤリイカの炙り アサリ 菜の花 竹炭のソース

正直、イカはあまり得意ではないんです。あの食感が…。
でも、これは美味しかった! イカを薄くスライスして、しかも絶妙な火入れで中が半レアに仕上げてあるので、とても食べやすいんです。

ソースはイカ墨ではなく竹炭で色を付けているそうです。濃厚に見えますが、見かけよりサッパリしています。

ウチムラサキ貝のフリット(前菜2品目)

2つ目の前菜はウチムラサキ貝のフリット。そら豆などの春野菜が添えてあります。

▲ ウチムラサキ貝のフリットと春野菜のサラダ

「ウチムラサキ貝」というのは初めて聞きました。二枚貝で大アサリと呼ばれることもあるみたいですね。貝のフリットも初体験でしたが、美味しかったですねぇ。火はしっかり入っているのに、とろけるような食感。絶妙な仕上がりでした。

桜えびのタリオリーニ(パスタ1品目)

1つ目のパスタは桜えびのタリオリーニ。これでもかという程、ふんだんに桜えびが使われています。

▲ 桜えびとセミドライトマトのタリオリーニ

桜えびの香ばしい香りと食感、そしてセミドライトマトの爽やかな風味が効いています。

このパスタ、自家製なんですよね。乾麺じゃない自家製のパスタって、柔らかくてモッチリした食感ですよね? でも、このパスタはかなり歯ごたえ(コシ)があって、まるでしっかり打ったうどんのようです。これ、好きだわー!

トルテッリ(パスタ2品目)

2つめのパスタはトルテッリという詰め物をしたパスタ。ラビオリの仲間ですね。中にイタリア産の高級ハム(クラテッロ)が詰めてあります。

▲ イタリア産ハムを詰めたトルテッリ ネギバターソース グリーンピースのピュレ

1つ目のタリオリーニはトマトを使った南イタリア風。こっちはバターを使った北イタリア風。グリーンピースのピュレが春らしさを演出しています。

子羊のロースト(メイン)

メインは子羊のロースト。一品一品はさほど量はないけれど、時間差で5品を食べてくると、そこそこお腹が一杯になってきます。

そこで、このメイン料理が登場。どっしりとした佇まいです(笑)

▲ 子羊のロースト 新じゃがとマッシュルーム

子羊は全くクセがありません。そして、写真でも分かるように軟らかく焼きあがっています。油っこくなく、サッパリしているので、満腹状態でも完食できました!

細かく刻んで揚げたマッシュルームから香ばしい香りがします。これを肉に絡めながら食べると、また別の味わいを楽しめます。

桜のモンブラン(デザート)

デザートは桜のモンブラン。桜餅のような香りが漂うモンブランに、桜色のパウダー。まさに春のこの時期にピッタリのデザートです。モンブランにはクッキーのような焼き菓子とジェラートが添えられています。

▲ 桜のモンブランとグラッパのジェラート

ジェラートはグラッパ(イタリアのブランデー)のジェラート。爽やかなジェラートで、モンブランとクッキーの濃厚な甘みを中和してくれます。

さっこちゃんにはメッセージ入りのプレートを用意してもらいました。

▲ デザート:さっこちゃんバージョン

お店の雰囲気

広々として、各テーブル同士の間隔も広く保たれています。BGMには女性ヴォーカルのジャズ。非常に心地よく過ごせる空間です。

▲ ゆったりとした店内

まとめ

料理全体を通して、食材に対する火の入れ方が絶妙だなという印象を持ちました。

しっかり熱は通っていて食材は温まっている。でも、食材の中心にはレアな部分が残っていて、柔らかい食感が保たれている。シェフの高度な技術が食材の美味しさを引き出しているんですね。美味しゅうございました!

お店情報

サポセントゥ ディ アキ

”東京都中央区築地1丁目3−6

 

今日のコース(一休限定)

イタリア仕込みの特別お任せディナー全7品のコース(4,860円)

紹介した7品に食前酒のミモザと食後のコーヒーが付きます。

オススメの記事

銀座のお店についての記事はこちら!



 

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

 

銀座・東銀座「クロスリンク特許事務所」弁理士のヤマダです。 機械(構造)分野、化学(材料)分野を中心に、中小企業のモノづくりをサポートしています。 商品の企画・開発、商品の差別化戦略、特許取得その他の知財戦略、何でもご相談ください!

いいね!やフォローでブログの更新情報が届きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です