弁理士漫画「閃きの番人 弁理士ジョージの事件簿」連載開始! 作画は課長島耕作のヒロカネプロダクション

クロスリンク特許事務所(銀座・東銀座・新橋)・弁理士のヤマダです。

はじめに

課長島耕作風味の弁理士西谷ジョージが活躍する弁理士漫画「閃きの番人」が公開されました!

これで弁理士や知的財産の認知度も少しは向上するかな(笑)

漫画「閃きの番人」とは

「閃きの番人」はクライアントの知的財産に関するトラブルを弁理士・西谷ジョージが解決していく様子を描く弁理士漫画です。日本弁理士会のwebサイトで公開されています(*1)。

紹介ページには、

弁理士・西屋ジョージと新人弁理士・桐生眞理がクライアントからの依頼を解決していく知的エンタテイメントです。
専門用語に注釈がありますので、知的財産について馴染みのない方でも楽しみながら弁理士及び弁理士の業務内容を知ることができます。

と記載されていて、弁理士の仕事内容や知的財産の仕組みを啓蒙するための漫画であることがわかります。

この漫画は日本弁理士会が監修し、ヒロカネプロダクションが作画を担当しています。ヒロカネプロダクションと言えば「課長島耕作」!

だから、主役の弁理士・西屋ジョージは課長島耕作風味なのです(笑)

第一話は「弁理士ジョージをよろしく 公知と先使用権(前編)」

第一話のあらすじをさらっと紹介します。

シーン1 特許無効審判に対する対応

ジョージのクライアントが特許無効審判を請求され、せっかくの特許を無効にされてしまうかもしれないというシーン。

ここで、なんとジョージは相手方の主張を全面的に認めてしまいます。予想外の対応に部下の新人弁理士・桐生真理は失望。しかし、結果は相手の無効審判請求が棄却されてジョージの勝利! クライアントの特許は無事、維持されます。

ジョージのこのやり手っぷりに、真理は憧れの眼差しを向けるという予定調和な展開で終了(笑)

シーン2 特許権侵害の警告に対する対応

ジョージのクライアントである機械メーカーに他社から特許権侵害を警告する内容証明郵便が届き、対応策について協議するシーン。

相手の要求は、損害賠償金の1億5千万円と特許使用料。しかも、クライアントの機械で使っている技術は相手の特許の内容と全く同じ。ジョージは特許権侵害を認めざるを得ない旨を告げます。

クライアントはがっかり。賠償金の支払いを覚悟します。しかし、ジョージには既にこの問題を解決するための道筋が見えているようで…。

(つづく)

まとめ

この漫画、実際にありそうなシーンを専門用語を控えつつ、わかりやすく説明しています。

弁理士という職業やその仕事内容は、世間的にはまだまだ認知度が低いです。こういうものをきっかけに少しでも認知度が向上すれば嬉しいなぁと思っています。

参考サイト

(*1)FILE001 : 閃きの番人 第一話前編 弁理士ジョージをよろしく 公知と先使用権(前編)

(*2)漫画「閃きの番人」紹介ページ

オススメの記事

ものづくりについての記事はこちら!

 

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ  

 

ものづくり、特許出願に関するご相談はこちらまで! 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせフォーム: http://yamadatatsuya.com/contact/
お問い合わせは、随時、受け付けています。
面談は、初回2時間まで無料です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

銀座・東銀座「クロスリンク特許事務所」弁理士のヤマダです。 機械(構造)分野、化学(材料)分野を中心に、中小企業のモノづくりをサポートしています。 商品の企画・開発、商品の差別化戦略、特許取得その他の知財戦略、何でもご相談ください!

いいね!やフォローでブログの更新情報が届きます!

弁理士漫画「閃きの番人 弁理士ジョージの事件簿」連載開始! 作画は課長島耕作のヒロカネプロダクション” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。