弁理士の強みは「共通体験」

ものづくりとブランドづくりの専門家・弁理士のヤマダです。

クロスリンク特許事務所(銀座・東銀座・新橋)

はじめに

今日は税理士さんとランチミーティング。何年か振りにお会いしたので、お互いのビジネスに関して、あれこれと情報交換。

話をしていて、同じ士業でも随分と立ち位置が違うもんだなぁと、改めて感じました。

今日は税理士さんとの対比で、弁理士の強みを考えてみました。

税理士さんの強み

お金と税金のことなら税理士さんですよね。

弁理士の私から見ると、

● お金や税金のことは、誰でも、どんな会社でも関わりがある。だから仕事の間口が広い(業種を問わず仕事がある)。
● お金に関わっているから、経営者とも近い関係になりやすい。クライアントの内部まで入り込める。
● 顧問契約が多く、安定的な収益がある。

という、強みがあるように見えます。

一方、弁理士(特許系)は、

● 製造業がメインのお客様。モノづくりをしていない会社はお客様になりにくい。
● 技術部門、知財部門の人とのお付き合いが多い。経営者に直接コンタクトできる機会は限られる。
● 基本的にはスポット業務。顧問契約は少ない。

という感じ。

これだけを見ると、税理士さんはいいなぁ、羨ましいなぁ、なんて思ってしまいます(笑)

弁理士の強み

それじゃぁ弁理士の強みってどこなんだろう?

と考えてみると、それは「共通体験」ではないかと思っています。「モノづくりの共通体験」ですね。

弁理士、特に特許が専門の弁理士は、メーカーで研究・開発に携わっていた人が多いです。理系出身の士業って少ないんですよね。

先日、発明者の方から「今、試作をやってるけどキツイです…。」なんて話がありました。こういう時に、「私もメーカーにいた時は現場に出てましたよ。××の作業ってキツイんですよね。」みたいな話をすると、親近感を持ってもらえる。「共通体験」、特に、キツイ「共通体験」があると、距離感がぐっと近づくんです。

モノづくりって簡単じゃないですからね。

 

特に中小企業さんの場合、知的財産部や特許部がなくて、技術部門のトップの方が特許のことを仕切っているケースも多い。だから、「モノづくりの同志」みたいに見てもらえると、信頼関係ができて仕事がスムーズに進むようになります。これが、他の士業さんにはない、弁理士ならでは強み、ではないかな。

そんなことを感じた今日のランチミーティングでした。

 

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ  

 

ものづくり、特許の出願に関するご相談はこちらまで! 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせフォーム: https://yamadatatsuya.com/contact/
お問い合わせは、随時、受け付けています。
面談は、初回2時間まで無料です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

いいね!やフォローでブログの更新情報が届きます!

プロフィール

山田 龍也(やまだ たつや)
山田 龍也(やまだ たつや)
ものづくりとブランドづくりの専門家/弁理士/ブロガー。
中小製造業のものづくり、個人事業主のブランドづくりを支援中。
特許・実用新案・意匠・商標の権利取得手続; 知財戦略・商品の差別化戦略の立案; 商品の企画・開発に関するアドバイス; 情報発信を用いたブランディング・マーケティング; が得意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です