事例・おんぶ紐「gran mocco(グランモッコ)」から学ぶネーミングのコツ|フランス語風・イタリア語風・スペイン語風の語感にする

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、「ネーミング」に関する記事です。

「新商品に名前を付けないといけないのに良い名前が思いつかない…。」
「自分にはセンスがないからネーミングは無理…。」

そんなお悩みをよく聞きます。

でも結論から言ってしまうと、ネーミングにセンスは不要です。

確かにセンスはないよりあった方がよいかもしれません。
でも、殆どの人はそれ以前のところで引っかかっています。

ネーミングには理論(ロジック)があります。
理論に則って考えれば、誰でも良いネーミングはできるのです。

弁理士は商標登録の専門家です。
商標登録の依頼を受ける中で、様々なネーミングについて相談されています。
その弁理士が商標登録の実務の中で蓄積してきた、センスに頼らないネーミングのコツをお伝えします。

事例・おんぶ紐「gran mocco(グランモッコ)」から学ぶネーミングのコツ|フランス語風・イタリア語風・スペイン語風の語感にする

「gran mocco(グランモッコ)」は、熊本・天草の伝統的なおんぶ紐「もっこ」をモダンでおしゃれなイメージにリメイクした商品です(*1)。

バックルがないシンプルな形状で、おんぶ紐の他、抱っこ紐、授乳ケープ、ブランケット、おむつ替えシート、チェアベルトと、マルチプルな用途に使うことができる優れものです。

また、赤ちゃんを背中の高い位置で固定する構造となっています。
このような構造は、重心の位置が高くなるため、赤ちゃんをおぶった時に軽く感じられます。
更には、赤ちゃんの顔とママの顔が近づくため、赤ちゃんもご機嫌になり、すぐに寝付いてくれるという効果もあるそうです(*2)。

(1)ネーミングテク「フランス語風・イタリア語風・スペイン語風にする」

「gran mocco(グランモッコ)」は、伝統的なおんぶ紐「もっこ」をアルファベット表記にした「mocco」と、英語で「おばあちゃん」を意味する「gran」を結合した造語です。

ニコニコしながら赤ちゃんを覗き込む、優しいおばあちゃんのイメージ。
商品の内容にマッチした、いい商品名です。

 

ここで、「gran mocco」の語感(音)に着目してみましょう。
どこかフランス語・イタリア語・スペイン語などのラテン系言語の雰囲気を感じませんか?

「グラン」というと、リュック・ベッソン監督の映画「グラン・ブルー(Le Grand Bleu)」を思い出す人も多いでしょう。
「グランド」ではなく「グラン」。

この響きがラテン系言語の雰囲気を醸し出しているのです。
「グラン(gran,grand)」はフランス語・イタリア語・スペイン語で「素晴らしい」。
意味内容もポジティブなので商品名にはうってつけです。

 

一方、「mocco」は元々、日本語です。

それなのに、何となくラテン系言語に聞こえてしまいます。
前段の「グラン」という響きに引っ張られるんでしょうね。
実際、「rosso(ロッソ)」(イタリア語で「赤」)、「passo(パッソ)」(イタリア語で「足音」)、「golaco(ゴラッソ)」(スペイン語で「すごい!」)といった発音の言葉もあるので、それっぽく聞こえるのかもしれません。

このように、「gran mocco(グランモッコ)」は、全体としてラテン系言語の語となっています。

(2)「フランス語風・イタリア語風・スペイン語風にする」のメリットは、オシャレな感じ、モダンな印象を醸し出せること

日本でも英語はかなり一般的になってきました。
英語の表記、英語的な発音は、もはや見慣れてしまって、商品名やサービス名を英語にしただけでは、新鮮味を感じない、インパクトが薄い、個性を出し難い状況になっているのです。

このような状況だからこそ、英語とは違った独特の発音・響き、言い回しを持ったフランス語・イタリア語・スペイン語を持ってくることが有効というわけです。

商品名・サービス名をフランス語風・イタリア語風・スペイン語風にすると、

● オシャレ、洗練されている
● モダン、流行の最先端
● 明るく、華やか

といったイメージを醸し出すことができます。
ベタと言えばベタなやり方です。
でも、長年刷り込まれてきたイメージには贖えないのが人間です(笑)

(3)言語の持ち味と商品やサービスとのマッチングを考える

国や言語には持ち味があります。

オシャレ感を出したい・女性向けの商品ならフランス語やイタリア語。
パワーや躍動感を感じてもらいたい商品なら英語。
精密で信頼性を求められる商品ならドイツ語とかね。

どの言語が優れているということではなく、商品やサービスとのマッチングが大事なのです。

まとめ

商品やサービスに、オシャレ感やモダンなイメージを持たせたい時は、

● 表記(綴り)を「フランス語風・イタリア語風・スペイン語風」にする
● 読みを「フランス語風・イタリア語風・スペイン語風」に読ませる

という方法を試してみてください。

 

ここで、一つ頭に入れておかなければいけないのが、日本人は英語以外の外国語に弱いという点です。

フレンチやイタリアンのレストランで、長すぎる店名、読みにくい店名、発音が難しい店名を頻繁に見かけます。
オシャレ感を出せても、覚えにくいのでは本末転倒です。
この点は注意した方がいいですよ。

商品名やサービス名は覚えてもらってなんぼ。
読みやすさを第一に考えましょう。
文字数を減らして読みやすくするというのも一考です。

参考サイト

(*1)gran mocco online shopサイト

(*2)gran mocco 公式サイト

ネーミング|オススメの記事

ネーミングに関するオススメの記事はこちら!

 

【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ
「ネーミングって難しい…。」 そんな風に思っていませんか? 実はネーミングにもコツのようなものがあるんです。 今回はそのコツを6つ紹介します。 ① 音を意識する/② 有名な言葉をなぞる/③ 意外性を出す/④ その商品を使っているシーンをイメージさせる/⑤ ターゲットを絞り込む/⑥ ライバルと差別化する
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは?
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは? 寒い冬を乗り切るための必需品・防寒グッズ。 中でも、冷え性に悩む人の絶大なる支持を受けているのが「まるでこたつソックス」です。 参考:「まるでこたつソックス」が、ネーミングを裏切らない想像以上の暖...
JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」 駅名のネーミングセンスがひどすぎる件
最近、目につくイケてないネーミング...。 そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。 今回の失敗事例は、早くもネット上では非難轟々、本日発表されたばかりのJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」です。
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト 「えだまりこ」はカルビーが製造販売する豆系スナック菓子です(*1)。 枝豆を原料とする、一口サイズのスティック型スナックです。 じゃがいもを原料とする「じゃがりこ」、とうもろこしを原料とする「とうもりこ」と並ぶ「りこ」シリーズの...

 

タイトルとURLをコピーしました