事例・荷物の宅配「ロボネコヤマト」から学ぶネーミングのコツ|自分の有名商標を利用する

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、「ネーミング」に関する記事です。

「新商品に名前を付けないといけないのに良い名前が思いつかない…。」
「自分にはセンスがないからネーミングは無理…。」

そんなお悩みをよく聞きます。

でも結論から言ってしまうと、ネーミングにセンスは不要です。

確かにセンスはないよりあった方がよいかもしれません。
でも、殆どの人はそれ以前のところで引っかかっています。

ネーミングには理論(ロジック)があります。
理論に則って考えれば、誰でも良いネーミングはできるのです。

弁理士は商標登録の専門家です。
商標登録の依頼を受ける中で、様々なネーミングについて相談されています。
その弁理士が商標登録の実務の中で蓄積してきた、センスに頼らないネーミングのコツをお伝えします。

事例・荷物の宅配「ロボネコヤマト」から学ぶネーミングのコツ|自分の有名商標を利用する

「ロボネコヤマト」は、将来の自動運転社会の到来を見据えて、ヤマト運輸とDeNAが共同で進めているプロジェクトです(*1)。

AIを使って配送ルートの最適化を図っており、10分刻みで配達時間を指定することができます。
現在はまだ実験段階で、神奈川県藤沢市の限られたエリアでのみサービスが提供されています。

ネーミングテク「自分の有名商標を利用する」

ヤマト運輸と言えば、荷物の宅配サービスの代名詞「クロネコヤマト」。

日本人なら誰もが知っている有名商標です(商標登録第493120号など(*2))。

そして、「ロボ」は「ロボット」。AIを使った未来思考の新サービスを端的に表現する言葉です。

「ロボネコヤマト」は「クロネコヤマト」の「クロ」を「ロボ」に置き換えただけ。
たった2字しか違いません。

「クロネコヤマト」との関連性を強く印象づける名称です。
この名称を見れば、「ロボネコヤマト」⇒「クロネコヤマト」⇒「ヤマト運輸が何か新しいサービスを始めた?!」と即座にイメージすることができますよね。

このように、ヤマト運輸は、言わずと知れた自らの有名商標「クロネコヤマト」を利用し、そこにサービスの特徴を暗示する「ロボ」を組み込むというネーミング手法で「ロボネコヤマト」という名称を創り出したわけです。

「自分の有名商標を利用する」のメリットは、有名商標に蓄積された信用の流用・転用が可能であること

有名な商標には会社、商品、サービスに対する信用が蓄積されています。

その商標が付いていれば、実際に商品やサービスの中身を確認しなくても、「この商品(サービス)は信用しても大丈夫!」という肯定的な感情を創り出すことができます。

このため、「自分の有名商標を利用する」というネーミング手法で創られた名称は、その有名商標に蓄積された信用を流用・転用することができるというメリットがあります。

言ってみれば、有名商標のふんどしで相撲を取れるわけです。

他にも、元となった有名商標との関連性をアピールすることができるので、

● 商品やサービスの出所がわかりやすい
● 覚えやすい
● 新商品・新サービスの名前を迅速に浸透させることができる

というメリットがあります。

まとめ

以上説明したように、既に有名商標を持っているのであれば、その商標に対する信頼性を活用しない手はありません。

例えば、

● 会社の名前が有名なら、その名前を商品にも展開する
● 商品の名前が有名で会社の名前がさほど有名でない場合には商品の名前と会社の名前を一致させる

など、一つの名称を多面的に活用していく工夫を考えてみるとよいでしょう。

おまけ

ヤマト運輸を傘下に持つヤマトホールディングスは、荷物の宅配などについて「ロボネコヤマト」を商標登録しています(*3)。

それだけではなく、まだ登録には至っていないものの、「ロボネコ」「ロボネコデリバリー」「ロボネコストア」という商標についても既に出願を完了しています(4、5、*6)。

「ロボネコデリバリー」はオンデマンドの配送サービス、「ロボネコストア」は買い物の代行サービスです。

今後、「ロボネコヤマト」が有名商標となった時のことを考え、先手を打って商標の戦略を展開しているのです。

参考サイト

(*1)「ロボネコヤマト」プロジェクト 公式サイト

(*2)商標公報4939120「クロネコヤマト」(特許情報プラットフォーム)

(*3)商標公報5926354「ロボネコヤマト」(特許情報プラットフォーム)

(*4)商標公開2017-051685「ロボネコ」(特許情報プラットフォーム)

(*5)商標公開2017-051686「ロボネコデリバリー」(特許情報プラットフォーム)

(*6)商標公開2017-051687「ロボネコストア」(特許情報プラットフォーム)

ネーミング|オススメの記事

ネーミングに関するオススメの記事はこちら!

 

【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ
「ネーミングって難しい…。」 そんな風に思っていませんか? 実はネーミングにもコツのようなものがあるんです。 今回はそのコツを6つ紹介します。 ① 音を意識する/② 有名な言葉をなぞる/③ 意外性を出す/④ その商品を使っているシーンをイメージさせる/⑤ ターゲットを絞り込む/⑥ ライバルと差別化する
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは?
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは? 寒い冬を乗り切るための必需品・防寒グッズ。 中でも、冷え性に悩む人の絶大なる支持を受けているのが「まるでこたつソックス」です。 参考:「まるでこたつソックス」が、ネーミングを裏切らない想像以上の暖...
JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」 駅名のネーミングセンスがひどすぎる件
最近、目につくイケてないネーミング...。 そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。 今回の失敗事例は、早くもネット上では非難轟々、本日発表されたばかりのJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」です。
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト 「えだまりこ」はカルビーが製造販売する豆系スナック菓子です(*1)。 枝豆を原料とする、一口サイズのスティック型スナックです。 じゃがいもを原料とする「じゃがりこ」、とうもろこしを原料とする「とうもりこ」と並ぶ「りこ」シリーズの...

 

タイトルとURLをコピーしました