事例・意匠性チタン製品「TranTixxii(トランティクシー)」から学ぶネーミングのコツ|商品の特徴を間接的に表現する

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、「ネーミング」に関する記事です。

「新商品に名前を付けないといけないのに良い名前が思いつかない…。」
「自分にはセンスがないからネーミングは無理…。」

そんなお悩みをよく聞きます。

でも結論から言ってしまうと、ネーミングにセンスは不要です。

確かにセンスはないよりあった方がよいかもしれません。
でも、殆どの人はそれ以前のところで引っかかっています。

ネーミングには理論(ロジック)があります。
理論に則って考えれば、誰でも良いネーミングはできるのです。

弁理士は商標登録の専門家です。
商標登録の依頼を受ける中で、様々なネーミングについて相談されています。
その弁理士が商標登録の実務の中で蓄積してきた、センスに頼らないネーミングのコツをお伝えします。

事例・意匠性チタン製品「TranTixxii(トランティクシー)」から学ぶネーミングのコツ|商品の特徴を間接的に表現する

「TranTixxii(トランティクシー)」は、新日鐵住金が開発した意匠性チタン製品(デザイニングチタン)です。

チタンは軽量で錆びにくく、強度が高いため、航空機、電力・化学プラント等、様々な分野で活用されています。
そのようなチタンの材料としての魅力を活かしつつ、更に優美な外観を持たせたのが意匠性チタン製品です。

 

「TranTixxii(トランティクシー)」は、

● 酸性雨、紫外線、海水に晒されても変色しにくい
● 無塗装であるにも拘らず、100種類以上のカラーバリエーション
● 豊富なテクスチャー(表面の質感・仕上げ)

という特徴を持つデザイン性に優れた材料で、建築物、時計・デジカメ等の構造材料として利用されています(1,2)。

 

(引用元:商標登録第5941983号公報(J-Platpat)(*4))

ネーミングテク「商品の特徴を間接的に表現する」

「TranTixxii(トランティクシー)」のネーミングコンセプトがブランドサイトに公開されていました(*2)。

「TranTixxii」の「Tran」の部分は「Transcend(超える)」「Transform(変化する)」に由来するものです。

そして、「Ti」はチタンの元素記号「Ti」、「xxii」はチタンの原子番号22を表すローマ数字「xxii」に由来しています。
製品の特徴(原材料)である「チタン」をそのまま商品名に入れ込むのではなく、元素記号や原子番号という別の言葉で間接的に表現しているわけです。

「トランティクシー」をアルファベット表記にしたいなら、「Trantixi」「Trantixy」とすればいいはずです。
これを「TranTixxii」と変形したことによって、大文字の「T」と、「xxii」という「x」と「i」のダブルの重ね文字が特徴的な商品名になりました。
化学材料を扱う新日鐵住金らしいネーミングですね。

新日鐵住金は「TranTixxii(トランティクシー)」について、文字(標準文字商標)とロゴマーク(図形商標)の両方について商標登録を受けています(3,4)

「商品の特徴を間接的に表現する」のメリット

「商品の特徴を間接的に表現する」のメリットは、ありきたりな商品名になり難いということです。

商品の特徴をそのまま入れ込んだり、直接的に表現したりするのは、誰でも思いつくネーミング手法です。
そのような手法で作った商品名はありきたりな商品名になりがちです。
商品の特徴を間接的に表現することで、特徴的でセンスの良い商品名を作ることができます。

また、商品の内容をそのまま表した商品名は「記述的商標」であることを理由に商標登録を受けられないケースがあります。
商品の特徴を間接的に表現することで、「記述的商標」と判断されにくくなり、商標登録を受けやすくなります。

まとめ

ネーミングに困ったら、商品やサービスの特徴(原材料、性能・機能、活用シーンなど)を別の言葉で表現できないか考えてみましょう。

商品の特徴をそのまま入れ込んだ、ベタベタな商標とは一味違うセンスのよい商品名を作ることができるかもしれませんよ!

参考サイト

(*1)プレスリリース|意匠性チタン製品「TranTixxii™/トランティクシー」ブランド展開開始 ~ 時を超える素材/素材特性+優美性(新日鐵住金)

(*2)ブランド紹介 TranTixxiiとは(新日鐵住金)

(*3)商標登録第5941946号公報(J-Platpat)
「TranTixxii」の文字商標に関する商標登録

(*4)商標登録第5941983号公報(J-Platpat)
「TranTixxii」のロゴマークに関する商標登録

ネーミング|オススメの記事

ネーミングに関するオススメの記事はこちら!

 

【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ
「ネーミングって難しい…。」 そんな風に思っていませんか? 実はネーミングにもコツのようなものがあるんです。 今回はそのコツを6つ紹介します。 ① 音を意識する/② 有名な言葉をなぞる/③ 意外性を出す/④ その商品を使っているシーンをイメージさせる/⑤ ターゲットを絞り込む/⑥ ライバルと差別化する
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは?
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは? 寒い冬を乗り切るための必需品・防寒グッズ。 中でも、冷え性に悩む人の絶大なる支持を受けているのが「まるでこたつソックス」です。 参考:「まるでこたつソックス」が、ネーミングを裏切らない想像以上の暖...
JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」 駅名のネーミングセンスがひどすぎる件
最近、目につくイケてないネーミング...。 そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。 今回の失敗事例は、早くもネット上では非難轟々、本日発表されたばかりのJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」です。
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト 「えだまりこ」はカルビーが製造販売する豆系スナック菓子です(*1)。 枝豆を原料とする、一口サイズのスティック型スナックです。 じゃがいもを原料とする「じゃがりこ」、とうもろこしを原料とする「とうもりこ」と並ぶ「りこ」シリーズの...

 

タイトルとURLをコピーしました