商品開発のヒント|ユニクロ「ブラトップ」がヒント。グンゼ「AIRZ(エアーズ)」

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、商品開発に関する記事です。
儲ける仕組みを作っていきたい中小企業様・個人事業主様に役立つ内容です。

ヤマダが独断と偏見でチョイスした

●商品開発・商品企画
●事業戦略
●特許・実用新案登録・意匠登録
●その他、ものづくりに役立つ情報

に関するニュースの中から、売れる商品づくりに役立つ情報を紹介します!

商品開発のヒント|はじめに

今回の事例は、グンゼが開発した第4世代の男性用下着「AIRZ(エアーズ)」。

「第4世代のパンツ」とも呼ばれている、この「AIRZ(エアーズ)」。
実はユニクロの「ブラトップ」がヒントだそうです。

商品開発のヒント①|「AIRZ(エアーズ)」の特徴

「AIRZ(エアーズ)」は、グンゼが開発したウエストゴムのない男性用下着です(*1)。

グンゼはブリーフ、トランクス、ボクサーパンツに続く「第4世代の下着」として普及させることを狙っています。

「AIRZ(エアーズ)」には以下の3つの特徴があります。

「AIRZ(エアーズ)」の特徴①|ウエストゴムがない

「AIRZ(エアーズ)」には、ウエストゴムがありません。

グンゼの特許技術である縦横両方向に伸縮性を持つ生地を用いることで、ウエストゴムを使用しない下着を実現しました。

ウエストゴムをなくしたことで、ウエスト部分の締め付けが軽減され、開放感のある快適な着用感を得ることができます。

「AIRZ(エアーズ)」の特徴②|ウエスト・裾がカットオフになっている

「AIRZ(エアーズ)」では、ウエストと裾がカットオフと呼ばれる切りっぱなし加工になっています。

生地全体に伸縮性を持たせたことで、ウエストや裾のゴムが不要となりました。
ゴムの締めつけ感やゴムがあることによるゴワつきがなくなり、フィット感を向上させています。

「AIRZ(エアーズ)」の特徴③|アルゴウエーブカット

「AIRZ(エアーズ)」は、「アルゴウエーブカット」という独自形状に設計されています。

「アルゴウエーブカット」は、生地全体が身体にフィットするような形状設計です。

このような形状に設計することで、ゴムによる締め付けがなくても下着がずり落ちず、素肌に吸い付くようなフィット感を得ることができます。

商品開発のヒント②|「AIRZ(エアーズ)」はユニクロの「ブラトップ」がヒント

「AIRZ(エアーズ)」を開発するヒントとなったのは、ユニクロの「ブラトップ」だそうです(*2)。

「ブラトップ」はブラジャーの要素をもたせた女性用肌着です。
ブラジャーのような締めつけ感がなく、解放感のある着心地が女性からの支持を受けています。

グンゼはこの「ブラトップ」をヒントに、男性にも「解放感のある下着」の需要はあるはずだ、と考えたわけです。

 

但し、女性用の肌着である「ブラトップ」の技術をそのまま男性用下着に転用できるかというとそうではありません。

男性は股間にもっこりがありますからね。
この部分がずり落ちの原因になり、開発当初はなかなかうまくいかなかったそうです。
それでも、試作を繰り返し、改良を重ねることで「AIRZ(エアーズ)」が完成したわけです。

商品開発のヒント③|新商品の開発は隣接する商品や技術分野をヒントにする

「AIRZ(エアーズ)」はユニクロの「ブラトップ」をヒントに開発されました。

女性用肌着と男性用下着。
非常に近い分野ですよね。
隣接する商品や業界には新商品開発のヒントがゴロゴロ落ちているわけです。

そこから着想をもらって、自分の商品や技術分野にアジャストさせていく、カスタマイズしていくというのが新商品を開発するコツだと思います。

 

技術の発展には連続性があります。
新商品の開発とは言っても、今までの技術を全く使っていない商品は殆どないと言っていいでしょう。

既存の技術、特に隣接する商品、隣接する技術分野の情報を収集し、絶えず研究を行うことが新商品開発には必要だと思いますよ!

商品開発のヒント|まとめ

  • 「AIRZ(エアーズ)」はユニクロの「ブラトップ」をヒントに生まれた
  • 既存の技術、特に隣接する商品・技術分野の情報を収集し、研究することが大事
  • 隣接する商品・技術分野から着想を得て、自分の商品・技術分野にアジャストさせ、新商品を開発する

参考サイト

(*1)AIRZ | BODY WILD / ボディワイルド

AIRZ特集 | BODY WILD (ボディワイルド)
BODY WILDのAIRZ特集

(*2)ゴムを使わない「第4世代パンツ」、グンゼが発売|日本経済新聞

ゴムを使わない「第4世代パンツ」、グンゼが発売
グンゼは19日、ゴムを使わない男性下着のパンツを開発したと発表した。伸縮性のある生地全体で体を包み込み、従来の男性パンツと違ってゴムによるウエストの締め付けをなくした。グンゼは着心地の良さを売りに、

オススメの記事

商品開発に関する記事はこちら!

 

商品開発のヒント|売れる商品の作り方
商品開発のヒント。今日のテーマは売れる商品の作り方です。売れる商品の作り方のポイントは、●「良い商品を作れば売れる」という考え方を捨てる/●商品以外の部分を工夫する/●売れている商品と戦うのではなく味方にする/等です!
商品開発のヒント|ちょっとした不満を解消した「Shupatto」
商品開発のヒント、今日のテーマは、●ちょっとした不満を解消した「Shupatto」/●他社の技術を使ったスナック「WORLD SOUP SNACK」/●他の人が諦めていることに取り組んだ「破れないストッキング」等、5本です。
商品開発のヒント|ヒット商品を作る3つの極意|事例:カシオ「G-SHOCK」
カシオの「G-SHOCK」は1983年4月に発売されて以来、世界累計で1億個が出荷される大ヒット商品となりました。 「G-SHOCK」がヒット商品となるまでの過程を辿りながら、ヒット商品を作るための極意を探ってみました!
商品開発のヒント|商品の用途を細分化する
商品開発のヒント。今日のテーマは、●商品の用途を細分化する/●プロはプロを知る/●「ものづくり」から「ことづくり」へ/●「良いものを安く大量に」の幻想を捨てる/●IoT家電のイメージを掴む/の5本です。
タイトルとURLをコピーしました