事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、「ネーミング」に関する記事です。

「新商品に名前を付けないといけないのに良い名前が思いつかない…。」
「自分にはセンスがないからネーミングは無理…。」

そんなお悩みをよく聞きます。

でも結論から言ってしまうと、ネーミングにセンスは不要です。

確かにセンスはないよりあった方がよいかもしれません。
でも、殆どの人はそれ以前のところで引っかかっています。

ネーミングには理論(ロジック)があります。
理論に則って考えれば、誰でも良いネーミングはできるのです。

弁理士は商標登録の専門家です。
商標登録の依頼を受ける中で、様々なネーミングについて相談されています。
その弁理士が商標登録の実務の中で蓄積してきた、センスに頼らないネーミングのコツをお伝えします。

事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト

「えだまりこ」はカルビーが製造販売する豆系スナック菓子です(*1)。

枝豆を原料とする、一口サイズのスティック型スナックです。
じゃがいもを原料とする「じゃがりこ」、とうもろこしを原料とする「とうもりこ」と並ぶ「りこ」シリーズの第3弾です。

 

ネーミングにはいくつかのポイントがあります。

色々な考え方がありますが、ヤマダは、

(1)商品の特徴が現れていること
(2)覚えやすいこと
(3)インパクトがあること

 

の3つが大事だと考えています。

商品の特徴が現れていなければ、何の商品だかわかりません。
覚えてもらえなければ情報が拡散されず、口コミが発生しません。
インパクトがなければ忘れられてしまいます。

商品の名前には、少なくともこれらの3つが必要なのです。

では、「えだまりこ」について分析してみましょう!

(1)商品の特徴

「えだまりこ」は、枝豆を原料としたスナック菓子です。
そして、人気商品「じゃがりこ」の関連商品でもあります。

「枝豆」の「えだま」と、「じゃがりこ」の「りこ」

商品の特徴がきちんと反映された名前になっています。

(2)覚えやすさ

「えだまりこ」は、5文字、5音からなる名称です。
音数が少なくてシンプルな名前です。覚えやすい名前ですね。

ヤマダの経験では、3音から7音、中でも5音が覚えやすいと感じます。
日本には、俳句の5・7・5の文化があるからかもしれません。

(3)インパクト

「えだまりこ」は「江田真理子」を連想させますよね。
擬人化されています。
人の名前になっていてインパクトがある商品名です。

この点、関連商品の「じゃがりこ」や「とうもりこ」よりも、よくできたネーミングと言えます。

 

「えだまりこ」は、商品の特徴が現れていて、覚えやすさとインパクトを兼ね備えた良い商品名だと言えます。

「えだまりこ」を認知度を上げたTVCMとの連動

「えだまりこ」はネーミングの3つのポイントを押さえた良い商品名であることがわかりました。

カルビーは「えだまりこ」の認知度を上げるために更なる仕掛けを用意していました。
TVCMとの連動です。

 

「だまってたべちゃう『えだまりこ』!」というフレーズと、サクサクという咀嚼音をリズミカルに繰り返すだけ。

でも、すごく耳に残る印象的なCMです。
CMを視た人は誰しも一発で商品名を覚えてしまうくらいの破壊力があります。

サクサクという咀嚼音がスナックの軽やかな食感をイメージさせ、「だまってたべちゃう」という言葉が、無口で食べ続けてしまうくらいの美味しさと、カルビー伝統の「やめられない。止まらない。」を連想させ、そこに「えだまりこ」の商品名が付いてくる。

そして、最後に、「『じゃがりこ』じゃないよ『えだまりこ』!」のダメ押し。

これで、「じゃがりこ」のファンも取り込んでいくことができますよね。

いやはや、たった15秒にこれだけの情報を詰め込むとは!

よくできたCMです。
このCMによって、「えだまりこ」の認知度は格段に上がったことでしょう。

 

商品名は、覚えてもらい、商品に親しみを持ってもらい、ユーザーに拡散してもらうためにあるのです。

覚えやすい名前、インパクトのある名前にすることは勿論、覚えてもらうための仕掛けを作ることも大事です。

まとめ

● 「えだまりこ」のポイントは、5音という音数の少なさと擬人化
● 商品名は、覚えてもらい、商品に親しみを持ってもらい、ユーザーに拡散してもらうためにある
● 商品名を覚えてもらうための仕掛け(TVCMとの連動など)も大事

参考サイト

(*1)えだまりこ・とうもりこ|カルビー株式会社

ネーミング|オススメの記事

ネーミングに関するオススメの記事はこちら!

 

【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ
「ネーミングって難しい…。」 そんな風に思っていませんか? 実はネーミングにもコツのようなものがあるんです。 今回はそのコツを6つ紹介します。 ① 音を意識する/② 有名な言葉をなぞる/③ 意外性を出す/④ その商品を使っているシーンをイメージさせる/⑤ ターゲットを絞り込む/⑥ ライバルと差別化する
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは?
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは? 寒い冬を乗り切るための必需品・防寒グッズ。 中でも、冷え性に悩む人の絶大なる支持を受けているのが「まるでこたつソックス」です。 参考:「まるでこたつソックス」が、ネーミングを裏切らない想像以上の暖...
事例・白イチゴ「ゆきおとめ」「ホワイトプリンセス」「ミルキーベリー」から学ぶネーミングのコツ|商品の特徴・独自性を入れ込む
事例・白イチゴ「ゆきおとめ」「ホワイトプリンセス」「ミルキーベリー」から学ぶネーミングのコツ|商品の特徴・独自性を入れ込む 先日(2019.1/17)、栃木県が自ら開発した白イチゴの品種について特許庁に商標登録を求めていることがニュースとなりました。 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種|毎日新聞...
JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」 駅名のネーミングセンスがひどすぎる件
最近、目につくイケてないネーミング...。 そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。 今回の失敗事例は、早くもネット上では非難轟々、本日発表されたばかりのJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」です。

 

タイトルとURLをコピーしました