事例・蒙古タンメン中本「北極ブラック」から学ぶネーミングのコツ|意味不明なワードで興味を唆る

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、「ネーミング」に関する記事です。

「新商品に名前を付けないといけないのに良い名前が思いつかない…。」
「自分にはセンスがないからネーミングは無理…。」

そんなお悩みをよく聞きます。

でも結論から言ってしまうと、ネーミングにセンスは不要です。

確かにセンスはないよりあった方がよいかもしれません。
でも、殆どの人はそれ以前のところで引っかかっています。

ネーミングには理論(ロジック)があります。
理論に則って考えれば、誰でも良いネーミングはできるのです。

弁理士は商標登録の専門家です。
商標登録の依頼を受ける中で、様々なネーミングについて相談されています。
その弁理士が商標登録の実務の中で蓄積してきた、センスに頼らないネーミングのコツをお伝えします。

事例・蒙古タンメン中本「北極ブラック」から学ぶネーミングのコツ|意味不明なワードで興味を唆る

2/23に、セブン&アイ・ホールディングスと日清食品のコラボ商品「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 北極ブラック 黒い激辛味噌」が新発売されました。

参考:その辛さ、罰ゲームレベル!! 『セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 北極ブラック 黒い激辛味噌』を通常版と比較|おためし新商品ナビ

 

蒙古タンメン中本と言えば、スープが激辛ラーメン。

その辛さの最高峰とも言われているのが「北極ラーメン」。
そして、この「北極ラーメン」に焦がしニンニク油(麻油)を加えたのが「北極ブラック」です。

なかなかインパクトのあるこの商品名。
ネーミングのポイントを押さえながら解説していきます。

(1)意味不明なワードで興味を唆る

「北極ブラック」の「ブラック」は意味がわかります。
真っ黒な焦がしニンニク油の色が由来です。

わからないのは「北極」。

調べてみたところ、

「辛さ=寒い地方」と先代のイメージからメニューの中でも群を抜く辛さ、北の頂点という意味で「北極ラーメン」と先代が命名した

という説が有力です。

普通、「辛さ」というと、暑い地方をイメージしませんか?
例えば、カレーのインドとかね。

先代はその真逆のイメージを持っていたわけです。
これは一般の人にはわかりませんよね。
だからこそ、「『北極』って、どういう意味?」と興味を唆られるわけです。

ネーミングにおいて、見る人の興味を唆る名前にする、というのは大事な要素の一つです。

 

因みに、「蒙古タンメン」の「蒙古」も「北極」と同様に、「寒い地方」というイメージから名付けられたそうです。
別に、モンゴルの郷土料理に辛いタンメンがあるわけではないんです(笑)

(2)パワーワードのトリプルコンボでインパクトを出す

それにしても、この商品名。
パワーワード(印象の強いワード)を惜しげもなく並べています。

蒙古タンメン中本「北極ブラック」ですからね。

「蒙古」に、「北極」に、「ブラック」。
パワーワードのトリプルコンボ。
バース、掛布、岡田のバックスクリーン三連発みたいな(笑)
かなり印象に残る商品名です。

 

但し、パワーワードを重ねれば良い名前になるというわけではありません。
乱発すると、煽り感、チープ感、胡散臭い感じが出ることもあるので要注意です。

(3)ミスマッチなワードの違和感をフックにする

蒙古タンメン中本「北極ブラック」。

よくよく観察すると、すごく違和感のある名前です。

「蒙古(モンゴル)」にタンメンはないのに「蒙古タンメン」。
「蒙古」なのに「北極」。
「北極」と言ったら真っ白な世界のはずなのに「ブラック」。

言葉同士がミスマッチなんです。

でも、人は素直に読めるもの、すぐに納得できるものって意外と印象に残らない。
すぐに忘れてしまう。

逆に、読んでいて違和感があるものは意外に心に引っかかったりする。
違和感がフックになって、覚えていてもらえるわけですね。

商品名を考えるときに、沢山の人に共感して貰おうと思いすぎないことです。
説明的・最大公約数的になり、当たり障りのない、つまらない名前になってしまうからです。

ネーミングの際には、その商品にはあまり使わない表現を持ってくることを意識してみてください。

例えば、「とんかつは飲み物。」とかね。

普通に考えると、おかしな名前なんですよ。
でも、一度、看板を見たら忘れない、とても印象的な名前です。

まとめ

蒙古タンメン中本の「北極ブラック」。

ラーメンも刺激的ですが、商品名もそれに負けない強烈な個性をもっています。
単にパワーワードを使うのではなく、読む人に違和感を与えることを意識してみてくださいね。

ネーミング|オススメの記事

ネーミングに関するオススメの記事はこちら!

 

【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ
「ネーミングって難しい…。」 そんな風に思っていませんか? 実はネーミングにもコツのようなものがあるんです。 今回はそのコツを6つ紹介します。 ① 音を意識する/② 有名な言葉をなぞる/③ 意外性を出す/④ その商品を使っているシーンをイメージさせる/⑤ ターゲットを絞り込む/⑥ ライバルと差別化する
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは?
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは? 寒い冬を乗り切るための必需品・防寒グッズ。 中でも、冷え性に悩む人の絶大なる支持を受けているのが「まるでこたつソックス」です。 参考:「まるでこたつソックス」が、ネーミングを裏切らない想像以上の暖...
JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」 駅名のネーミングセンスがひどすぎる件
最近、目につくイケてないネーミング...。 そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。 今回の失敗事例は、早くもネット上では非難轟々、本日発表されたばかりのJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」です。
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト 「えだまりこ」はカルビーが製造販売する豆系スナック菓子です(*1)。 枝豆を原料とする、一口サイズのスティック型スナックです。 じゃがいもを原料とする「じゃがりこ」、とうもろこしを原料とする「とうもりこ」と並ぶ「りこ」シリーズの...

 

タイトルとURLをコピーしました