事例「マイ眉」から学ぶネーミングのコツ|ネーミングで自ら流行を発信する

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@ta2_ymd)です。

はじめに

商品名やサービス名、お店の名前や会社の名前。
実際の事例からネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「事例から学ぶネーミングのコツ」。

今回の事例は、アイブロウのサロンが打ち出した、2019年の眉のコンセプト「マイ眉」です!

事例「マイ眉」から学ぶネーミングのコツ|ネーミングで自ら流行を発信する

アイブロウトリートメントサロン「アナスタシア」が展開していた「2019眉予想 ネーミングキャンペーン」で「マイ眉」が最優秀賞に選ばれました。

 

今日は、この「マイ眉」について、ネーミングのポイントを押さえながら解説していきます。

(1)ネーミングに見込み客を巻き込む

第1のポイントは、ネーミングに見込み客を巻き込んでいる点です。

ネーミングのキャンペーンを仕掛けることによって、見込み客をネーミングの過程に参加させています。
見込み客を自分たちの仲間に引き込んでいるわけです。
見込み客はキャンペーンというイベントに参加することによって、ネーミングが「他人事」から「自分事」に変化します。

誰かが勝手に付けた名前ではなく、自分も参加したイベントで決まった名前。
これなら親しみを持ってもらえますよね。

見込み客を巻き込むことで、その名前に親近感を持ってもらうことができ、名前の浸透を早めることができるわけです。

(2)見込み客の関心をリサーチする

第2のポイントは、見込み客の関心をリサーチしている点です。

ネーミングのキャンペーンを仕掛けることによって、見込み客が様々な名前をエントリーしてきます。
その名前を分析することで、見込み客が、

● どんなことに関心を持っているのか
● どんなものが流行ると思っているのか

に関する情報をリサーチすることができます。

キャンペーンの上位入賞者に特典を付けておけば、見込み客は真剣に名前を考えてくれるはずです。
当然、「おっ!」と目を引く素晴らしい名前を応募してくる人もいるでしょう。
自分たちにはなかった斬新な名前が出てくる可能性もあるわけです。

見込み客の関心をリサーチしながら、名前の候補も集めることができる。
ネーミングのキャンペーンは一石二鳥の効果があるのです。

(3)ネーミングで自ら流行を発信する

第3のポイントは、ネーミングで自ら流行を発信している点です。

アナスタシアはキャンペーンで集まった沢山の名前の中から、「マイ眉」という言葉をチョイスしました。
この「マイ眉」にストーリーを加えて、肉付けをしています。

具体的には、

● 近年、「誰かの真似」ではなく、「自分らしさ(個性)」を重視する人が増えている

という時代背景を指摘した上で、

● その人が最も美しく見え、個性を最大限引き立てる眉の提案をする

という、自らのスタンスを明らかにしています。

名前に意味付けをし、コンセプトを提案する。
こうすることで、「2019年の眉はこれが流行りますよ!」と、流行・ムーブメントを仕掛けにいくわけです。

実際、流行がどうなるかはわかりません。
それでも、名前を旗印にすれば、流行を能動的に作り出していける可能性もあるということなのです。

まとめ

今回の「マイ眉」のネーミングのポイントは、

(1)ネーミングに見込み客を巻き込む
(2)見込み客の関心をリサーチする
(3)ネーミングで自ら流行を発信する

でした。

今回は名前の付け方というよりは、名前を使ったマーケティングの手法ですね。
ネーミングにも色々な活用法があるということです。

ぜひ取り組んでみてください!

 

今回のネタ元は以下のニュース記事です。
興味のある方はこちらもご覧くださいね。

参考:「#2019眉予想 ネーミングキャンペーン」 最優秀賞を発表。新元号のスタートを飾る眉ネームは「マイ眉」に決定!|THE SANKEI NEWS

オススメの記事

ブランド戦略や商標に関する人気記事はこちら!




 

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ  

 

Twitterでもブランドづくりに関する情報を発信しています。
ご興味のある方はフォローしてください!

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせフォーム: https://yamadatatsuya.com/contact/
お問い合わせは、随時、受け付けています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

いいね!やフォローでブログの更新情報が届きます!

プロフィール

山田 龍也(やまだ たつや)
山田 龍也(やまだ たつや)
ものづくりとブランドづくりの専門家/弁理士/ブロガー。
中小製造業のものづくり、個人事業主のブランドづくりを支援中。
特許・実用新案・意匠・商標の権利取得手続; 知財戦略・商品の差別化戦略の立案; 商品の企画・開発に関するアドバイス; 情報発信を用いたブランディング・マーケティング; が得意。
 

メルマガ登録はこちらから

メルマガ「中小企業と個人のためのササるブランドを創るコツ」。
このメルマガでは中小企業と個人に特化した、ターゲットの心にズバッとササるブランドづくりのコツを公開します。
自分の商品やサービスをもっと知ってもらいたい。
もっと世の中に広めていきたい。
そんな中小企業・個人の皆様、ぜひご購読ください!
*メールアドレス