ネーミングのコツ|ユーザーメリットをイメージさせた「からまん棒」、「霧ヶ峰」

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、「ネーミング」に関する記事です。

「新商品に名前を付けないといけないのに良い名前が思いつかない…。」
「自分にはセンスがないからネーミングは無理…。」

そんなお悩みをよく聞きます。

でも結論から言ってしまうと、ネーミングにセンスは不要です。

確かにセンスはないよりあった方がよいかもしれません。
でも、殆どの人はそれ以前のところで引っかかっています。

ネーミングには理論(ロジック)があります。
理論に則って考えれば、誰でも良いネーミングはできるのです。

弁理士は商標登録の専門家です。
商標登録の依頼を受ける中で、様々なネーミングについて相談されています。
その弁理士が商標登録の実務の中で蓄積してきた、センスに頼らないネーミングのコツをお伝えします。

ネーミングのコツ|ユーザーメリットをイメージさせた「からまん棒」、「霧ヶ峰」|本日のポイント

ネットを徘徊していたら、懐かしの家電「からまん棒」に関する記事を見つけました。

 

白物家電の名前はなぜ「ゆるい」のか?|家電Watch

 

昔の家電には印象的な商品名が多かったですね。

「からまん棒」は1980年代に販売されていた日立の洗濯機です。
洗濯槽の中心に、撹拌羽が付いた棒が突き出ていて、洗濯物が絡まり難いことを謳っていました。

「霧ヶ峰」は1960年代から販売されている三菱電機のエアコンです。
昨年(平成30年)、省エネ大賞を受賞する等、今も現役で活躍し続けるロングセラー商品です。

 

今日はこの「からまん棒」と「霧ヶ峰」が題材です。

「からまん棒」と「霧ヶ峰」から学びたいネーミングのコツは以下の3つです。

機能ではなく、ユーザーメリットを伝える
商品の構造をユーザーメリットに結びつける
ユーザーメリットをイメージで伝える
では、「からまん棒」と「霧ヶ峰」からネーミングのコツを学んでいきましょう!

ネーミングのコツ①|機能ではなく、ユーザーメリットを伝える

ネーミングのコツ、1つ目は、機能ではなく、ユーザーメリットを伝えるということです。

ユーザーにとってはどれだけ機能が凄いかということよりも、自分がどんなメリットを得られるのかの方に関心があるからです。

 

家電のような機能的な商品については、ついつい高機能であることをアピールしたくなるものです。
サイクロンがどうだとか、AI搭載でどうしたとか。

でも、それは作り手の目線です。

ユーザーはその機能があることによって何が嬉しいのか、そこを知りたいわけです。
だから、機能を押し出した商品名よりも、ユーザーメリットを伝えられる商品名の方が見込客の心にササる可能性が高いと言えます。

 

「からまん棒」は洗濯物が絡み難いというメリットを伝えています。
「霧ヶ峰」は高原のような涼しさを得られるというメリットを伝えています。

この2つの商品名はいずれも機能ではなく、ユーザーメリットを伝えているわけです。

ネーミングのコツ②|商品の構造をユーザーメリットに結びつける

ネーミングのコツ、2つ目は、商品の構造をメリットに結びつけるということです。

「からまん棒」の構造上の特徴は、洗濯槽の中心に撹拌羽が付いた棒が突き出ている点です。

そして、この棒が洗濯物を絡まり難くするというのが、ユーザーのメリットです。
商品の構造が直接、ユーザーメリットに結びついているわけです。

 

この棒を「洗濯物を絡ませないための棒」→「からまん棒」と名付けて、洗濯機自体の商品名にもしています。
洗濯槽の中心に棒が突き出ている洗濯機は珍しいですから、「棒が突き出ている洗濯機」→「からまん棒」と覚えてもらえますよね。

このように、商品の構造がユーザーメリットに直接結びついている場合は、その構造に由来するネーミングをするというのが有効です。

 

「からまん棒」という表現も秀逸ですね。

これを「攪拌棒」と言ってしまったら、機能的で堅い表現になり、見込客には刺さらないでしょう。
「からまん棒」という表現の親しみやすさが功を奏しています。

ネーミングのコツ③|ユーザーメリットをイメージで伝える

ネーミングのコツ、3つ目は、ユーザーメリットをイメージで伝えることです。

「霧ヶ峰」という言葉の持つイメージ。
涼やかで心地よい風が吹く高原のイメージ。

「このエアコンなら、そういう心地良さを得られますよ」と訴えているわけです。
エアコンの一番のウリは「涼しさ」ですから、「霧ヶ峰」という言葉の持つイメージがピタッとハマるんですよね。

 

この手のネーミングの場合、「涼しい」ということを直接的に表現すると、説明的な表現になってイマイチです。

「涼しい」をイメージさせる別の言葉を持ってくる
「涼しい」を象徴する別の言葉を探す

これが大事なんです。

 

「霧ヶ峰」と似たアプローチのネーミングに、日立のエアコン「白くまくん」があります。

白熊は北極の氷の上にいますよね。
涼しいというイメージを伝えるにはもってこいの言葉です。

ネーミングのコツ|ユーザーメリットをイメージさせた「からまん棒」、「霧ヶ峰」|まとめ

「からまん棒」と「霧ヶ峰」から学びたいネーミングのコツは、

機能ではなく、ユーザーメリットを伝える
商品の構造をユーザーメリットに結びつける
ユーザーメリットをイメージで伝える

 

でした。

特に製造業の方はご自慢の機能を全面に押し出した商品名を付けがちです。
その商品名でユーザーメリットが伝わるかどうか、今一度、確認することをお勧めします。

ネーミングのコツ|ユーザーメリットをイメージさせた「からまん棒」、「霧ヶ峰」|おまけ

実は、「からまん棒」には洗濯物を絡ませない効果が殆どなかったようです。
そうなると、洗濯槽の中心に突き出た棒はじゃまになるだけ。

ネーミングは良かったけれど、機能の方はイマイチでした(苦笑)

ネーミング|オススメの記事

ネーミングに関するオススメの記事はこちら!

 

JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」 駅名のネーミングセンスがひどすぎる件
最近、目につくイケてないネーミング...。 そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。 今回の失敗事例は、早くもネット上では非難轟々、本日発表されたばかりのJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」です。
事例・キリンビール「本麒麟」から学ぶネーミングのコツ|トップメーカーの覚悟と決意を示す
事例・キリンビール「本麒麟」から学ぶネーミングのコツ|トップメーカーの覚悟と決意を示す 3/1に、第29回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」の受賞ネーミングが発表されました。 参考:2018年度・第29回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」|日刊工業新聞社 受賞一覧を見ても、正直、ピンとくる名前はあまりなかった...
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト 「えだまりこ」はカルビーが製造販売する豆系スナック菓子です(*1)。 枝豆を原料とする、一口サイズのスティック型スナックです。 じゃがいもを原料とする「じゃがりこ」、とうもろこしを原料とする「とうもりこ」と並ぶ「りこ」シリーズの...
「東京ミッドタウン日比谷」のネーミングがひどすぎる件|利用者の目線を意識しろ!
「東京ミッドタウン日比谷」のネーミングがひどすぎる件|利用者の目線を意識しろ! 「東京ミッドタウン日比谷」は、三井不動産が開発し、運営する複合商業施設です(*1)。 地上35階、地下4階からなる大型施設で、下層階には60店の商業テナントとシネコン「TOHOシネマズ日比谷」が入り、上層階はオフィスフロアとなっ...

 

タイトルとURLをコピーしました