【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、「ネーミング」に関する記事です。

「新商品に名前を付けないといけないのに良い名前が思いつかない…。」
「自分にはセンスがないからネーミングは無理…。」

そんなお悩みをよく聞きます。

でも結論から言ってしまうと、ネーミングにセンスは不要です。

確かにセンスはないよりあった方がよいかもしれません。
でも、殆どの人はそれ以前のところで引っかかっています。

ネーミングには理論(ロジック)があります。
理論に則って考えれば、誰でも良いネーミングはできるのです。

弁理士は商標登録の専門家です。
商標登録の依頼を受ける中で、様々なネーミングについて相談されています。
その弁理士が商標登録の実務の中で蓄積してきた、センスに頼らないネーミングのコツをお伝えします。

【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ|本日のポイント

「ネーミングって難しい…。」
「あれは言語センスの良い人がやるものだよ。」

そんな風に思っていませんか?

実はネーミングにもコツのようなものがあるんです。
今回はそのコツを6つ紹介します。

 

今回紹介するネーミングのコツは以下の6つです。

① 音(聞いた感じ)を意識する
② 有名な言葉をなぞる
③ 意外性を出す
④ その商品を使っているシーンをイメージさせる
⑤ ターゲットを絞り込む
⑥ ライバル(競合)と差別化する
では、ネーミングのコツについて解説していきます。

ネーミングのコツ①|音(聞いた感じ)を意識する

名前は3つの要素から構成されています。
見た目、音、意味内容の3つです。

皆さんは名前を付けるときに何を意識しますか?
殆どの方は「意味内容」ではないでしょうか。

でも、見込客の方が反応しやすいのは「音」です。
聞いた感じですね。
音というのは記憶に残りやすいんです。

ここを意識することで、ネーミングのバリエーションが増えます。

例えば、

破裂音と音の繰り返しが印象的な「PayPay(ペイペイ)」
擬態語の音感が楽しい「焼きそばモッチッチ」
人の名前に聞こえる「えだまりこ」
商品の特徴を繰り返し音でうまく表現した「彩々野菜」

等を参考にしてみてください。

TVCMでローラが「モッチッチ、モチッチ、モッチッチ♪」とリズミカルに歌ってましたね。
川口春奈ちゃんの「黙って食べちゃうえだまりこ!」の連呼も印象的でした。
どちらも一度聞いたら、絶対忘れない名前です(笑)

事例・決済サービス「PayPay」から学ぶネーミングのコツ|語頭に破裂音×音の繰り返し
事例・決済サービス「PayPay」から学ぶネーミングのコツ|語頭に破裂音×音の繰り返し モバイル決済サービスの「PayPay」。 「100億円キャンペーン」や「やたら当たるくじ」等、ド派手なキャンペーンが話題となっています。 参考:PayPay、「やたら当たるくじ」を一部終了 Yahoo!プレミアム会員の当選...
事例・エースコック「焼きそばモッチッチ」から学ぶネーミングのコツ|擬音語・擬態語をヒネる
事例・エースコック「焼きそばモッチッチ」から学ぶネーミングのコツ|擬音語・擬態語をヒネる (1)ターゲットを意識する 「焼きそばモッチッチ」は、女性をターゲットにしたカップ焼きそばです。 従来のカップ焼きそばに対する「生麺の食感と違う」「麺に歯ごたえがない」という不満に応え、新技術「真空仕立て麺」を投入。...
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト 「えだまりこ」はカルビーが製造販売する豆系スナック菓子です(*1)。 枝豆を原料とする、一口サイズのスティック型スナックです。 じゃがいもを原料とする「じゃがりこ」、とうもろこしを原料とする「とうもりこ」と並ぶ「りこ」シリーズの...
事例・冷凍パスタ「彩々野菜」から学ぶネーミングのコツ|音の繰り返し
事例・冷凍パスタ「彩々野菜」から学ぶネーミングのコツ|音の繰り返し 「彩々野菜」シリーズの売りは野菜がたっぷり入っていることです。 販売元の日本製粉さんのHP(*1)にも、以下のような記載があります。 野菜がたっぷり入った彩々野菜シリーズを2品開発しました! 野菜がたっぷり取れるように、全体の重量の...

ネーミングのコツ②|有名な言葉をなぞる

商品名やサービス名は覚えてもらわないといけません。
覚え易さが命です。

覚えてもらい易くするための一つの方法として「有名な言葉をなぞる」という方法があります。

全くの造語ではなく、みんなが知っている言葉と似た語感の言葉を使う。
こうすることで名前を覚えてもらいやすくなるわけです。

例えば、

人気漫画「ベルサイユの薔薇」を連想させる「ベルサイユの豚」
「クロネコヤマト」のサービスであることが一発でわかる「ロボネコヤマト」
人気競走馬「ディープインパクト」を連想させる「BEEF IMPACT」
「頂きます!」の挨拶に引っ掛けた「頂鱒(いただきます)」

等を参考にしてみてください。

この手法を使う時に気をつけないといけない点が一つあります。

自分と同じ業界のサービスや同種の商品で使われている名前をなぞらないことです。
二番煎じ感が出たり、パクリ疑惑で炎上したりするおそれがありますので要注意です(笑)
なぞるなら違う業界の有名な言葉をなぞりましょう。

ネーミングのコツ|真逆のイメージの言葉を組み合わせた「ベルサイユの豚」
ワインと肉料理を得意とするバル、その名も「ベルサイユの豚」! 「ベルサイユの豚」から学びたいネーミングのコツは以下の3つです。 ① 言葉が本来持っているイメージを利用する/② 真逆のイメージの言葉を組み合わせる/③ 関連商品・シリーズ化も頭に入れておく
事例・荷物の宅配「ロボネコヤマト」から学ぶネーミングのコツ|自分の有名商標を利用する
事例・荷物の宅配「ロボネコヤマト」から学ぶネーミングのコツ|自分の有名商標を利用する 「ロボネコヤマト」は、将来の自動運転社会の到来を見据えて、ヤマト運輸とDeNAが共同で進めているプロジェクトです(*1)。 AIを使って配送ルートの最適化を図っており、10分刻みで配達時間を指定することができます。 現在...
事例・炭焼ステーキ「BEEF IMPACT」から学ぶネーミングのコツ|お店や商品のコンセプトを示す
事例・炭焼ステーキ「BEEF IMPACT」から学ぶネーミングのコツ|お店や商品のコンセプトを示す 「いきなり!ステーキ」が登場して以来、ステーキをリーズナブルな価格で楽しめるステーキ店が増えています。 「BEEF IMPACT」もその一つです。 「BEEF IMPACT」。 その名...
事例・食用鱒「頂鱒(いただきます)」から学ぶネーミングのコツ|語呂合わせ
事例・食用鱒「頂鱒(いただきます)」から学ぶネーミングのコツ|語呂合わせ 食用鱒「頂鱒(いただきます)」は、品種改良されたニジマスです。 通常、ニジマスは二年で成熟しますが、その中に二年を超えて成長を続ける個体がいるそうです。 そのような個体の中で姿形の良い個体を選別し、四年で成熟するように改良された品種...

ネーミングのコツ③|意外性を出す

名前を覚えてもらうためには名前にインパクトがないといけません。

インパクトを出すための手法の一つが「意外性を出す」という方法です。
誰もが期待しているのとは別の角度から名前を付ける。
そうすることで、「えっ?なんで???」という驚きが生まれ、記憶に残りやすくなるわけです。

例えば、

本当は美味しいはずのお菓子なのに「まずい棒」
純和風の日本蕎麦に中華料理の調味料ラー油を組み合わせた「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか」
ガッツリとした食べ物の代表であるとんかつに「とんかつは飲み物。」

等を参考にしてみてください。

インパクトを出すと言っても、見込客の想像力が及ぶ程度に留めておきましょう。
あまりにぶっ飛んでいて、「これはないわー」と思われると手を出してもらえません。
「試してみたい!」と思ってもらえる程度のズラシが有効です。

ネーミングのコツ|自虐で同情を誘った銚子電鉄「まずい棒」
銚子電鉄のなんとも珍妙なスナック菓子「まずい棒」。 実はこの「まずい」。 「お菓子が不味い」という意味ではなかったのです。 「まずい棒」から学びたいネーミングのコツは以下の3つです。 ① 人気商品を連想させる/② 自虐で同情を誘う/③ 商品の背景を丁寧に説明する
ネーミングのコツ|異業種のネーミング手法を参考にした「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」
今日は、ちょっと変わったお蕎麦屋さん「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」が題材です。 「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」から学びたいネーミングのコツは以下の3つです。 ① ミスマッチな言葉を組み合わせる/② 疑問を投げかける/③ 異業種のネーミング手法を参考にする
事例・とんかつ屋「とんかつは飲み物。」から学ぶネーミングのコツ|意外性やギャップでインパクトを出す
事例・とんかつ屋「とんかつは飲み物。」から学ぶネーミングのコツ|意外性やギャップでインパクトを出す 「とんかつは飲み物。」は今年の7月にオープンした池袋のとんかつ店です(*1)。 ネーミングテク「意外性やギャップでインパクトを出す」 とんかつはあくまで食べ物であって、飲み物ではありません。 日本語的には明ら...

ネーミングのコツ④|その商品を使っているシーンをイメージさせる

商品のメリットを予測しやすい名前は良い名前と言えます。

商品を買う人は商品に対して何らかの期待を持っています。
だから、商品名を見聞きした人に、その人がその商品を使っているシーンをイメージさせる。
そうすることで、その人に商品を買ってもらいやすくなります。

例えば、

冷え性の人が泣いて喜びそうな「まるでこたつソックス」
ホカホカのご飯をイメージさせる「ごはんですよ!」
熱々のベーコンポテトパイを頬張っているシーンが思い浮かぶ「ヘーホンホヘホハイ」

等を参考にしてみてください。

「おーいお茶」も「ごはんですよ!」と同じ系統ですね。

事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは?
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは? 寒い冬を乗り切るための必需品・防寒グッズ。 中でも、冷え性に悩む人の絶大なる支持を受けているのが「まるでこたつソックス」です。 参考:「まるでこたつソックス」が、ネーミングを裏切らない想像以上の暖...
事例・桃屋「ごはんですよ!」から学ぶネーミングのコツ|セリフ調にして商品の登場シーンをイメージさせる
事例・桃屋「ごはんですよ!」から学ぶネーミングのコツ|セリフ調にして商品の登場シーンをイメージさせる 桃屋が2020年に創業100周年を迎えるそうです。 参考:「ごはんですよ!」の桃屋が100年続くワケ|東洋経済ONLINE 桃屋といえば海苔の佃煮。 ヤマダが子供の頃の定番は「江戸むらさき」でし...
事例・マクドナルド「ヘーホンホヘホハイ」から学ぶネーミングのコツ|商品の活用シーンをイメージさせる
事例・マクドナルド「ヘーホンホヘホハイ」から学ぶネーミングのコツ|商品の活用シーンをイメージさせる 「ヘーホンホヘホハイ」。 おかしな商品名ですが、実はマクドナルドのサイドメニューとして以前販売されていた「ベーコンポテトパイ」のことです。 商品名だけを変更したキャンペーン商品で、中身は「ベーコンポテトパイ...

ネーミングのコツ⑤|ターゲットを絞り込む

ネーミングで大事なのは見込み客(ターゲット)を絞り込むことです。
ターゲットを絞り込むことによって初めて、そのターゲットだけに響く「ササる言葉」が生まれるのです。

具体的には、見込み客のお悩みを解決してくれる期待を持てる名前はいいですね。
先程紹介した「まるでこたつソックス」もこの側面を持っています。

お悩みではなくても、見込み客に「これは私のための商品だ!」と思ってもらえるような名前にするとよいでしょう。

例えば、

洗濯物が絡まってお困りのお母さんが喜びそうな「からまん棒」
ビール好きの女性が興味津々となりそうな「水曜日のネコ」

等を参考にしてみてください。

「水曜日のネコ」は明らかに女性をターゲットにしています。
この名前を見ても、おっさんは買わないでしょう(笑)

ネーミングのコツ⑥|ライバル(競合)と差別化する

ネーミングで大事なのはライバル(競合)と差別化することです。

客観的に見て良い名前でもライバルと似たり寄ったりの名前ではダメですね。
あなたの商品と認識されず、市場の中に沈んでしまいます。

同じ業界、同種の商品でどんな名前が使われているかをリサーチしましょう。
自分で考えた名前だけをじっと見ているだけでは良し悪しがわからないんです。

他の名前と比べた上で、独自性の高い自分だけの名前を考えましょう。

例えば、

白イチゴの商品名「ゆきおとめ」「ホワイトプリンセス」「ミルキーベリー」の対比記事
激戦区のラーメンで唯一無二の名称「北極ブラック」を産み出した蒙古タンメン中本

等を参考にしてみてください。

熱々のラーメンに「北極」、激辛ラーメンと言えば「赤」というイメージを覆して「ブラック」。
なかなか個性的だと思いませんか?

【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ|まとめ

センスの良い商品名を作るネーミングのコツ。
いかがでしたでしょうか?

今回紹介したネーミングのコツは、

① 音(聞いた感じ)を意識する
② 有名な言葉をなぞる
③ 意外性を出す
④ その商品を使っているシーンをイメージさせる
⑤ ターゲットを絞り込む
⑥ ライバル(競合)と差別化する

でした。

今回紹介したネーミングのコツを参考に、商品名・サービス名・会社名のネーミングに取り組んでみてください!

ネーミング|オススメの記事

ネーミングに関する人気記事はこちら!

JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」 駅名のネーミングセンスがひどすぎる件
最近、目につくイケてないネーミング...。 そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。 今回の失敗事例は、早くもネット上では非難轟々、本日発表されたばかりのJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」です。
事例・キリンビール「本麒麟」から学ぶネーミングのコツ|トップメーカーの覚悟と決意を示す
事例・キリンビール「本麒麟」から学ぶネーミングのコツ|トップメーカーの覚悟と決意を示す 3/1に、第29回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」の受賞ネーミングが発表されました。 参考:2018年度・第29回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」|日刊工業新聞社 受賞一覧を見ても、正直、ピンとくる名前はあまりなかった...
「東京ミッドタウン日比谷」のネーミングがひどすぎる件|利用者の目線を意識しろ!
「東京ミッドタウン日比谷」のネーミングがひどすぎる件|利用者の目線を意識しろ! 「東京ミッドタウン日比谷」は、三井不動産が開発し、運営する複合商業施設です(*1)。 地上35階、地下4階からなる大型施設で、下層階には60店の商業テナントとシネコン「TOHOシネマズ日比谷」が入り、上層階はオフィスフロアとなっ...

 

タイトルとURLをコピーしました