【事例から学ぶネーミングのコツ】カルビー「シンポテト」

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。

この記事は、「ネーミング」のカテゴリーに属する記事です。
ネーミング(名前の付け方)はブランド戦略の基礎の基礎。
これからブランドづくりに取り組んでいきたい中小企業様に役立つ内容です。

今日はカルビーのポテトチップ「シンポテト」からネーミングのコツを学んでいきましょう!

 

【事例から学ぶネーミングのコツカルビー「シンポテト」

今回の事例はカルビーの「シンポテト」です。
カルビーが新しく発売したポテトチップですね。

 

では、「シンポテト」から真似ぶべきポイントを紹介していきます。

 

先にポイントを挙げておきましょう。以下の3つです。

① 商品の特徴+商品の内容
② カナ書きにして複数の意味を持たせる
③ 有名な言葉をなぞる
では、それぞれのポイントについて解説していきます。

【ネーミングのコツ①】商品の特徴+商品の内容

商品名等の名前には「型」があります。
最も基本的な「型」が「商品の特徴+商品の内容」という型です。

 

「シンポテト」でもこの基本的な型を使っています。

「シン」が商品の特徴を示す部分。
「ポテト」が商品の内容を示す部分。

この2つを合体させて「シンポテト」です。

 

「シンポテト」は「カルビー最薄」を「売り」にする薄型のポテトチップです。
その特徴を表したのが、「シン(thin=薄い)」。

「ポテト」は、商品のカテゴリーである「ポテトチップ」または、商品の原材料である「ポテト」を表しています。

 

まだネーミングに慣れていない方、ネーミングに苦手意識がある方。
まずは、この「商品の特徴+商品の内容」という型をマスターしましょう。

非常にシンプルで商品の内容が伝わり易い、ネーミングの王道です。

 

この型を使ってみたい方は、

例えば、

暖かい+靴下の「まるでこたつソックス」
焼きそば+モチモチ食感の「焼きそばモッチッチ」
とんかつ+ジューシーな味わいの「とんかつは飲み物。」

等も参考にしてみてください。

事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは?
中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@ta2_ymd)です。はじめに商品名やサービス名、お店の名前や会社の名前。実際の事例からネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「事例から学ぶネーミングのコツ」。今回の事例は、靴下メーカー・岡本のヒット商品「ま...
事例・エースコック「焼きそばモッチッチ」から学ぶネーミングのコツ|擬音語・擬態語をヒネる
中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@ta2_ymd)です。はじめに商品名やサービス名、お店の名前や会社の名前。実在する事例からネーミングのコツを探ってみようという新企画「事例から学ぶネーミングのコツ」。今日の事例は、ローラのカワイイCMでもおなじみ、エースコ...
事例・とんかつ屋「とんかつは飲み物。」から学ぶネーミングのコツ|意外性やギャップでインパクトを出す
中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@ta2_ymd)です。はじめに商品名やサービス名、お店の名前や会社の名前。実在する事例からネーミングのコツを探ってみようという新企画「事例から学ぶネーミングのコツ」。今日は、話題のとんかつ店「とんかつは飲み物。」から、意外...

【ネーミングのコツ②】カナ書きにして複数の意味を持たせる

文字には、音を表す「表音文字」と、意味を表す「表意文字」があります。
日本語で言うと、ひらがなやカタカナは表音文字、漢字は表意文字です。

漢字はその文字自体が意味を持ちます。
一方、ひらがなやカタカナは文字自体に特定の意味を持ちません。

だから、商品名で特定の意味内容を伝えたいときは表意文字である漢字を使います。
逆に、商品を手に取った人に名前の解釈を委ねたり、名前に複数の意味を含ませたい場合には、名前をカナ書きにするとよいのです。

このように言葉に複数の意味を持たせる手法を「マルチミーニング」と言います。

 

「シンポテト」の「シン」には、「thin(薄い)」と「新(新しい)」の2つの意味を含ませています。ダブルミーニングですね。

アルファベットで「thin」と書いてしまうと、「薄い」という意味にしか読めません。
漢字で「新」と書いてしまったら、「新しい」という意味しか伝わらなくなってしまいます。

「シンポテト」では、「シン」とカナ書きにすることで、名前に2つの意味内容を持たせることに成功しているのです。

 

マルチミーニングを使ったネーミングとしては、

例えば、

知らずに貯まる+白玉の「しらたま」

等があります。

【ネーミングのコツ③】有名な言葉をなぞる

商品名やサービス名は覚えてもらってなんぼです。

商品名というと、とかく斬新な言葉を付けたくなるものです。
でも、新しい言葉はそれが浸透して定着するまでに時間がかかります。
どこかで聴いたことがあるような響きの方が覚えやすいのです。

そのような意味で、「有名な言葉をなぞる」というネーミング手法は、商品名を覚えてもらうという意味で非常に有効な方法です。

 

ヤマダは「シンポテト」という商品名を見た時にある言葉を思い出しました。

それは、「シン・ゴジラ」です。
エヴァンゲリオンの庵野秀明さんが監督した最新版のゴジラ映画のタイトルですね。

「シンポテト」も、語頭が「シン」で、文字数は5文字。
バッチリ合っています。

 

「シンポテト」って、「シン・ゴジラ」に似てるなぁ…

 

そう思わせるだけで、記憶の定着率が上がるわけです。

自分の商品の名前を付ける時に、誰もが知っている有名な言葉をなぞる、語感を当てていく。
これはネーミングの手法として覚えておいてください。

 

有名な言葉をなぞった商品名・サービス名としては、

人気漫画「ベルサイユの薔薇」を連想させる「ベルサイユの豚」
「クロネコヤマト」のサービスであることが一発でわかる「ロボネコヤマト」
人気競走馬「ディープインパクト」を連想させる「BEEF IMPACT」

等があります。

これらのネーミングについても参考にしてみてください。

事例「ベルサイユの豚」から学ぶネーミングのコツ|連想力を喚起してイメージを広げる
中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@ta2_ymd)です。はじめに商品名やサービス名、お店の名前や会社の名前。実際の事例からネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「事例から学ぶネーミングのコツ」。今回の事例は、ワインと肉料理が自慢のバル「ベルサ...
事例・荷物の宅配「ロボネコヤマト」から学ぶネーミングのコツ|自分の有名商標を利用する
中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@ta2_ymd)です。はじめに商品名やサービス名、お店の名前や会社の名前。実在する事例からネーミングのコツを探ってみようという新企画「事例から学ぶネーミングのコツ」。今日の事例はクロネコヤマトでおなじみ、ヤマト運輸の新プロ...
事例・炭焼ステーキ「BEEF IMPACT」から学ぶネーミングのコツ|お店や商品のコンセプトを示す
中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@ta2_ymd)です。はじめに商品名やサービス名、お店の名前や会社の名前。実際の事例からネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「事例から学ぶネーミングのコツ」。今回の事例は、北海道発のステーキチェーン「BEEF...

【ネーミングのコツ】まとめ

「シンポテト」のネーミング、いかがでしたか?

ネーミングのポイントは、

① 商品の特徴+商品の内容
② カナ書きにして複数の意味を持たせる
③ 有名な言葉をなぞる

です。

特に、「②カナ書きにして複数の意味を持たせる(マルチミーニング)」は使って欲しいテクニックです。

商品の特徴をダイレクトに伝えるのではなく、意味内容を曖昧にしておく。
こうすることで、手に取った人の想像力でイメージを広げてもらうことができます。

ぜひ、使ってみてください!

オススメの記事

ネーミングに関する人気記事はこちら!

JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」 駅名のネーミングセンスがひどすぎる件
最近、目につくイケてないネーミング...。 そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。 今回の失敗事例は、早くもネット上では非難轟々、本日発表されたばかりのJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」です。
事例・キリンビール「本麒麟」から学ぶネーミングのコツ|トップメーカーの覚悟と決意を示す
中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@ta2_ymd)です。はじめに商品名やサービス名、お店の名前や会社の名前。実際の事例からネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「事例から学ぶネーミングのコツ」。今回の事例は、キリンビールの「本麒麟」です!...
「東京ミッドタウン日比谷」のネーミングがひどすぎる件|利用者の目線を意識しろ!
中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@ta2_ymd)です。はじめに最近、目につくイケてないネーミング...。そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。今回の失敗事例は、昨...

 

キャッチコピーやネーミングに関するコンサルティングのご依頼・お問い合わせはこちら!

お問い合わせフォーム

 

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

タイトルとURLをコピーしました