ネーミングのテクニック「ねじれを作る」|事例「電脳雑伎集団」(「半沢直樹」より)

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、「ネーミング」に関する記事です。

「新商品に名前を付けないといけないのに良い名前が思いつかない…。」
「自分にはセンスがないからネーミングは無理…。」

そんなお悩みをよく聞きます。

でも結論から言ってしまうと、ネーミングにセンスは不要です。

確かにセンスはないよりあった方がよいかもしれません。
でも、殆どの人はそれ以前のところで引っかかっています。

ネーミングには理論(ロジック)があります。
理論に則って考えれば、誰でも良いネーミングはできるのです。

弁理士は商標登録の専門家です。
商標登録の依頼を受ける中で、様々なネーミングについて相談されています。
その弁理士が商標登録の実務の中で蓄積してきた、センスに頼らないネーミングのコツをお伝えします。

ネーミングのテクニック|はじめに

今、話題のドラマと言えば「半沢直樹」!

今回シリーズのテーマは企業買収。

この買収劇の中心にいるのが、「電脳雑伎集団」という大手IT企業です。
とても印象的な社名ですよね!

今日はこの「電脳雑伎集団」から、ネーミングのテクニックを学んでいきましょう!

「電脳雑伎集団」から学びたいネーミングのテクニックは以下の3つです。

ねじれを作る
商品・サービスと名前の間にねじれを作る
ワードとワードの間にねじれを作る
では、ネーミングのテクニック、解説していきます。

ネーミングのテクニック①|ねじれを作る

ネーミングのテクニック、1つ目のポイントは、

「ねじれを作る」

です。

ここで言う「ねじれ」とは、

ミスマッチ・ギャップのある組み合わせ

を意味します。

 

名前に「ねじれ」の部分を作ることで、印象的なネーミングとなり、その名前を覚えてもらい易くなる

からです。

 

名前にわかりやすさは必要です。
難しい名前は覚えてもらえないからです。

 

このため、ネーミングの際に、

  • わかりやすく
  • シンプルに
を心掛けている方も多いと思います。

 

でも、これを徹底しすぎると、

「ありきたりで、印象に残り難い名前」

ができあがります。

こういう名前は耳馴染みが良すぎて、右から左へすっと抜けていってしまうんです。

 

だから、名前のどこかに、ストレートではない「ねじれ」の要素を入れてあげるとよいです。

「ねじれ」部分(ミスマッチやギャップのある組み合わせ)の違和感や引っ掛かりが印象に残り、名前を覚えてもらえるからです。

 

このように、

名前に「ねじれ」の部分を作ることで、印象的なネーミングとなり、その名前を覚えてもらい易くなる

というメリットがあります。

 

以下、「ねじれ」の具体例を挙げながら、説明していきます。

ネーミングのテクニック②|商品・サービスと名前の間にねじれを作る

ネーミングのテクニック、2つ目のポイントは、

商品・サービスと名前の間にねじれを作る

ということです。

 

商品やサービスの内容とミスマッチな名前、ギャップのある名前にすることで、見込客の興味をそそることができる

からです。

 

例えば、銚子電鉄が販売しているお菓子「まずい棒」

 

 

「お菓子⇒美味しい」のはずなのに、「お菓子⇒まずい」。
ここで「ねじれ」を作っています。

 

お菓子なのに「まずい」って、どういう事?

 

商品・サービスの内容と名称の間のミスマッチ・ギャップが見込客の興味を惹くわけです。

 

「電脳雑伎集団」も「ねじれ」をうまく使っています。

最先端のIT企業なのに、「電脳」という漢字表記。

 

「半沢直樹」には、「電脳雑伎集団」の他にもIT企業が登場します。

  • 瀬名社長率いる「スパイラル」
  • 郷田社長率いる「フォックス」

です。

IT企業というと、こういうカタカナ表記(or アルファベット表記)の会社名が多いですよね。

そんな業界のセオリーを破って、「電脳雑伎集団」は漢字表記。
「新⇒旧」、「洋⇒和」という「ねじれ」を作っているわけです。

 

2つ目の「ねじれ」は、最先端のIT企業なのに「電脳」という古臭い表現。

「電脳(電子頭脳)」という言い方はかなり昔の言い方です。

今は「人工知能(AI)」の時代ですからね。
「電脳」というワードを使う人は殆どいないでしょう。

ここにも、「新⇒旧」の「ねじれ」を作っています。

 

このように、

商品やサービスの内容とミスマッチな名前、ギャップのある名前にすることで、見込客の興味をそそることができる

というメリットがあるんです。

ネーミングのテクニック③|ワードとワードの間にねじれを作る

ネーミングのテクニック、3つ目のポイントは、

ワードとワードの間にねじれを作る

ということです。

 

2語以上のワードを組み合わせて名前を作る際に、

ミスマッチなワード、ギャップのあるワードを組み合わせることで、「意外性」や「面白さ」、「インパクト」のある名前になる

からです。

 

例えば、とんかつ屋の店名に「とんかつは飲み物。」

 

 

「とんかつ=食べ物」のはずなのに、「とんかつ=飲み物」。
ここで「ねじれ」を作っています。

このミスマッチな組み合わせが、名前の「意外性」や「面白さ」、「インパクト」を産むわけです。

 

「電脳雑伎集団」は、「電脳」と「雑伎集団」の2語の結合語です。

この「電脳」と「雑伎集団」の間にも「ねじれ」があります。

「雑伎集団」は「中国雑技団」に由来する言葉ですよね。

「雑伎集団」は「伎(にんべん)」、「雑技団」は「技(てへん)」です

 

「中国雑技団」は、生身の人間の技・能力を極限まで高めた集団です。
超人的ではありますが、あくまで人間です。

一方、「電脳」というワードは機械的・電子的で、人間味は殆ど感じられません。

この2つのワードを組み合わせることで、「機械⇒人」、「テクノロジー⇒匠の技」という「ねじれ」を作っているわけです。

 

このように、

ミスマッチなワード、ギャップのあるワードを組み合わせることで、「意外性」や「面白さ」、「インパクト」のある名前になる

というメリットがあります。

ネーミングのテクニック|まとめ

「電脳雑伎集団」から学びたいネーミングのテクニックは、

ねじれを作る
商品・サービスと名前の間にねじれを作る
ワードとワードの間にねじれを作る

 

でした。

ネーミングをする際に、見た人が「ん?」と引っ掛かる部分(フック)を意識してくださいね!

ネーミング|オススメの記事

ネーミングに関するオススメの記事はこちら!

 

【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ
「ネーミングって難しい…。」 そんな風に思っていませんか? 実はネーミングにもコツのようなものがあるんです。 今回はそのコツを6つ紹介します。 ① 音を意識する/② 有名な言葉をなぞる/③ 意外性を出す/④ その商品を使っているシーンをイメージさせる/⑤ ターゲットを絞り込む/⑥ ライバルと差別化する
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは?
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは? 寒い冬を乗り切るための必需品・防寒グッズ。 中でも、冷え性に悩む人の絶大なる支持を受けているのが「まるでこたつソックス」です。 参考:「まるでこたつソックス」が、ネーミングを裏切らない想像以上の暖...
JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」 駅名のネーミングセンスがひどすぎる件
最近、目につくイケてないネーミング...。 そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。 今回の失敗事例は、早くもネット上では非難轟々、本日発表されたばかりのJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」です。
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト 「えだまりこ」はカルビーが製造販売する豆系スナック菓子です(*1)。 枝豆を原料とする、一口サイズのスティック型スナックです。 じゃがいもを原料とする「じゃがりこ」、とうもろこしを原料とする「とうもりこ」と並ぶ「りこ」シリーズの...
タイトルとURLをコピーしました