ネーミング

事例から学ぶネーミングのコツ

大多数の中小企業は、お金をかけて商標登録をしても、それをブランドづくりに活かせていません。
理由は簡単。独りよがりの名前を付けているから。
イケてない名前を商標登録したって意味がないのです。

まずは、実際の事例を見ながらブランドづくりに繋がる名前の付け方を学びましょう。
ネーミング(名前の付け方)はブランド戦略の基礎の基礎なのです。

オススメの記事

● JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」のネーミングがひどすぎる件|利用者の共感を得られる名前にする

● 事例・キリンビール「本麒麟」から学ぶネーミングのコツ|トップメーカーの覚悟と決意を示す

● 「東京ミッドタウン日比谷」のネーミングがひどすぎる件|利用者の目線を意識しろ!

● 事例・とんかつ屋「とんかつは飲み物。」から学ぶネーミングのコツ|意外性やギャップでインパクトを出す

記事リスト