事例から学ぶネーミングのコツ

概要

ブランドづくりを行う際に気をつけたいのがネーミング(名前の付け方)です。
商品名、サービス名、会社名…。
名前を付けなければいけないシーンは日常茶飯に訪れます。

ここで、おかしな名前を付けてしまうと、

● その名前を商標登録することができない
● 仮にその名前を商標登録することができたとしても、ブランディングの役に立たない

等の問題を生じてブランディングに悪影響を及ぼすため、望ましくありません。
正しいネーミングの手法を覚えることは、ブランディングのための第一歩なのです。

「事例から学ぶネーミングのコツ」では、実際の事例を挙げながらネーミングの勘所を解説します!

「事例から学ぶネーミングのコツ」のオススメ記事

● ネーミングの失敗事例。「東京ミッドタウン日比谷」のネーミングがひどすぎる件 <事例から学ぶネーミングのコツ>

● とんかつ屋「とんかつは飲み物。」から学ぶネーミングのコツ ~意外性やギャップでインパクトを出す~

● ビール「水曜日のネコ」から学ぶネーミングのコツ ~ターゲットのイメージから創る~

記事リスト