事例・エースコック「焼きそばモッチッチ」から学ぶネーミングのコツ|擬音語・擬態語をヒネる

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、「ネーミング」に関する記事です。

「新商品に名前を付けないといけないのに良い名前が思いつかない…。」
「自分にはセンスがないからネーミングは無理…。」

そんなお悩みをよく聞きます。

でも結論から言ってしまうと、ネーミングにセンスは不要です。

確かにセンスはないよりあった方がよいかもしれません。
でも、殆どの人はそれ以前のところで引っかかっています。

ネーミングには理論(ロジック)があります。
理論に則って考えれば、誰でも良いネーミングはできるのです。

弁理士は商標登録の専門家です。
商標登録の依頼を受ける中で、様々なネーミングについて相談されています。
その弁理士が商標登録の実務の中で蓄積してきた、センスに頼らないネーミングのコツをお伝えします。

事例・エースコック「焼きそばモッチッチ」から学ぶネーミングのコツ|擬音語・擬態語をヒネる

(1)ターゲットを意識する

「焼きそばモッチッチ」は、女性をターゲットにしたカップ焼きそばです。

従来のカップ焼きそばに対する「生麺の食感と違う」「麺に歯ごたえがない」という不満に応え、新技術「真空仕立て麺」を投入。
麺の「噛みごたえ」「コシ」「弾力」を向上させています。

ターゲット層の女性を意識して、キュートなパッケージデザイン、小ぶりで持ちやすいカップを採用し、シーンを選ばず手軽に食べられることを考慮しています(*1)。

だから、ネーミングにおいても、ターゲットである女性を意識しています。
それが、次に説明する「擬音語・擬態語をヒネる」に表れています。

(2)ネーミングテク「擬音語・擬態語をヒネる」

「モッチッチ」は言うまでもなく、焼きそばの麺の食感を表現する擬態語「モチモチ」に由来する商品名です。

「モチモチ」や「モッチモチ」という商品名でも、麺のモチモチ感にこだわったこと、商品のアピールポイントは伝わると思います。
でも、そのまま使うのではなく、ちょっとひねりを加えて「モッチッチ」としたところがポイントです。
小さい「ッ」(促音)を2つ入れたことにより、リズミカルで弾むような軽快な語感の商品名になっています。

カップ焼きそばと言うと、男性が頬張るイメージです。
しかし、こういうちょっと可愛い語感の商品名を付けることで、ターゲットとしている女性にも訴求することができます。

猿のキャラクター「モンチッチ」を連想する人もいるかもしれません。
「モンチッチ」の「キュート」「カワイイ」というイメージと相まって、この商品に対して親しみを感じる女性もいるはずです。

CMキャラクターにローラを起用していることにも意図を感じます。
彼女のカワイく、屈託のないイメージが、この商品に対する「キュート」「カワイイ」というイメージを増幅するのに貢献しています。

(3)「擬音語・擬態語をヒネる」のメリットは、覚えやすさ+独自性

擬音語は状態を表す語、擬音語は実際の音を表す語です。
麺を表現する場合で説明すると、実際の状態を表す擬音語の例としては「ツルツル」「ズルズル」等が、状態を表す(実際に音は出ていない)擬態語の例としては「モチモチ」「シコシコ」等があります。

擬音語・擬態語には、

● 音や状態をストレートに表現している
● 日頃からよく使われる言葉である
● 同じフレーズや音を繰り返すものが多い

等の特徴があり、すんなり頭に入ってきやすく、覚えやすいというメリットがあります。

 

但し、誰もがよく知る擬音語・擬態語をそのまま使ってしまうと、ありきたりな商品名になり、他の商品との差別化ができなくなったり、商標登録を受ける際の障害になるおそれがあります。

そこで、ひねりを加えて独自性を出すわけです。

「モッチッチ」は、擬態語の「モチモチ」に由来していることが明らかです。
また、「モチモチの食感」はグルメリポートでも頻出用語で、誰でも知っている言葉です。
そのため、非常に覚えやすい商品名となっています。
商品の特徴や従来の商品との差別化ポイントもストレートに表現されています。

それに加えて、「モチモチ」を「モッチッチ」とヒネることで、ポップ、キュート、カワイイ等、元の「モチモチ」にはないイメージを付加することに成功しています。
この部分が商品名としての独自性になっているわけです。

まとめ

商品名やサービス名を覚えてもらいたい場合、普及させたい場合には、

● 擬音語・擬態語を使う

という方法を試してみてください。

そして、独自性を出すために、

● 擬音語・擬態語をそのまま使うのではなく、ヒネる

ということもお忘れなく。

参考サイト

(*1)「モッチッチ おいしさの秘密」(モッチッチ ブランドサイト)

ネーミング|オススメの記事

ネーミングに関するオススメの記事はこちら!

 

【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ
「ネーミングって難しい…。」 そんな風に思っていませんか? 実はネーミングにもコツのようなものがあるんです。 今回はそのコツを6つ紹介します。 ① 音を意識する/② 有名な言葉をなぞる/③ 意外性を出す/④ その商品を使っているシーンをイメージさせる/⑤ ターゲットを絞り込む/⑥ ライバルと差別化する
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは?
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは? 寒い冬を乗り切るための必需品・防寒グッズ。 中でも、冷え性に悩む人の絶大なる支持を受けているのが「まるでこたつソックス」です。 参考:「まるでこたつソックス」が、ネーミングを裏切らない想像以上の暖...
JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」 駅名のネーミングセンスがひどすぎる件
最近、目につくイケてないネーミング...。 そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。 今回の失敗事例は、早くもネット上では非難轟々、本日発表されたばかりのJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」です。
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト 「えだまりこ」はカルビーが製造販売する豆系スナック菓子です(*1)。 枝豆を原料とする、一口サイズのスティック型スナックです。 じゃがいもを原料とする「じゃがりこ」、とうもろこしを原料とする「とうもりこ」と並ぶ「りこ」シリーズの...

 

タイトルとURLをコピーしました