事例・食用鱒「頂鱒(いただきます)」から学ぶネーミングのコツ|語呂合わせ

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@ta2_ymd)です。

はじめに

商品名やサービス名、お店の名前や会社の名前。実在する事例からネーミングのコツを探ってみようという新企画「事例から学ぶネーミングのコツ」。

今回の事例は、食用鱒「頂鱒(いただきます)」です。ネーミングの王道「語呂合わせ」について解説します!

事例・食用鱒「頂鱒(いただきます)」から学ぶネーミングのコツ|語呂合わせ

食用鱒「頂鱒(いただきます)」は、品種改良されたニジマスです。

通常、ニジマスは二年で成熟しますが、その中に二年を超えて成長を続ける個体がいるそうです。
そのような個体の中で姿形の良い個体を選別し、四年で成熟するように改良された品種が「頂鱒(いただきます)」なのです。
「頂鱒(いただきます)」は成熟までの期間が長く、肉質が良好なまま大型化する特徴があります(*1)。

ネーミングテク「語呂合わせ」

「頂鱒(いただきます)」には「頂点を目指すニジマス」という意味が込められています。

「頂(点)」と「鱒」を合体させて「頂鱒(いただきます)」ですね。

2つの言葉を合体させるネーミングはよく行われます。
しかし、「頂鱒(いただきます)」の場合は単なる合体命名法ではありません。
食事の際の挨拶「いただきます」との語呂合わせと考える方が自然でしょう。

「頂鱒(いただきます)」は既に食用の鱒や鱒の加工品について商標登録されています(*2)。

しかし、実は「いただきます」という称呼(音)を持つ商標は、他にも多数、商標登録されているのです。
例えば、昔、桃屋の海苔の佃煮に「いただきます」という商品があり、桃屋は「いただきます」について商標登録を受けていました。

しかし、一般的な食品に商標「いただきます」ではひねりがないし、さほどインパクトはありませんよね。
やはり、商品が「鱒」だからこそ、「いただきます」の語呂合わせが効いてくるわけです。

「語呂合わせ」のメリット

「語呂合わせ」のメリットは、何と言っても覚えやすく、記憶に定着し易いことです。

ここに洒落の要素が入ってくると、センスの良いネーミングになります。

「頂鱒(いただきます)」も「頂点を目指すニジマス」、商事の際の挨拶の「いただきます」のダブルミーニング(一つの言葉が二つの意味を併せ持つ)になっていて、しかも「ます」と「鱒」を掛詞にするという細工が施されている点が良いと思います。

まとめ

語呂合わせのような基本的なネーミング手法でも商品との関係性によって良い商品名になることがあります。
語呂合わせの際には商品との関係性を考慮してみてください!

参考サイト

(*1)味よし姿よし、その名は「頂鱒(いただきます)」 日光の水産業者が開発、商標登録

(*2)商標登録第5886724号公報(J-Platpat)

(*3)商公昭48-195062号公報<商標登録第1319765号>(J-Platpat)

オススメの記事

食品・飲食業のネーミングに関する記事はこちら!




 

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ  

 

Twitterでもブランドづくりに関する情報を発信しています。
ご興味のある方はフォローしてください!

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせフォーム: https://yamadatatsuya.com/contact/
お問い合わせは、随時、受け付けています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

コメント

  1. […]  クロスリンク特許事務所 <事例から学ぶネーミングのコツ>食用の鱒に「頂鱒(いただきます)」 ~語呂合わせ~http://xlinkpat.jp/column/articles/itadakimasu/クロスリンク特許事務所 […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

タイトルとURLをコピーしました