事例・キリンビール「本麒麟」から学ぶネーミングのコツ|トップメーカーの覚悟と決意を示す

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、「ネーミング」に関する記事です。

「新商品に名前を付けないといけないのに良い名前が思いつかない…。」
「自分にはセンスがないからネーミングは無理…。」

そんなお悩みをよく聞きます。

でも結論から言ってしまうと、ネーミングにセンスは不要です。

確かにセンスはないよりあった方がよいかもしれません。
でも、殆どの人はそれ以前のところで引っかかっています。

ネーミングには理論(ロジック)があります。
理論に則って考えれば、誰でも良いネーミングはできるのです。

弁理士は商標登録の専門家です。
商標登録の依頼を受ける中で、様々なネーミングについて相談されています。
その弁理士が商標登録の実務の中で蓄積してきた、センスに頼らないネーミングのコツをお伝えします。

事例・キリンビール「本麒麟」から学ぶネーミングのコツ|トップメーカーの覚悟と決意を示す

3/1に、第29回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」の受賞ネーミングが発表されました。

参考:2018年度・第29回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」|日刊工業新聞社

 

受賞一覧を見ても、正直、ピンとくる名前はあまりなかったですね(苦笑)

そんな中、良い商品名だなぁと改めて感じさせてくれたのが、生活部門の1位に輝いた、キリンビールの「本麒麟」です。
ネーミングのポイントを押さえながら解説していきます。

(1)商品名に社名を入れて覚悟と決意を示す

「本麒麟」の「麒麟」。

言うまでもなく、製造元であるキリンビールの屋号です。
「アサヒスーパードライ」のように、商品名「スーパードライ」に社名「アサヒ」を冠しているというのではなく、商品名「本麒麟」の中に社名の「麒麟(キリン)」がズッポリと入っています。

商品名に社名を入れる、というのはギャンブルでもあります。
社名を入れるということは、その会社の肝入りの商品であることを内外に示すということ。
絶対に失敗できない商品なのです。

逆に言えば、それだけの自信を持って送り出した商品とも言えます。

 

消費者の側から見れば、

①「あのキリンが社名を入れた商品を出してきた!」
②「相当、自信がある商品なんだろうな。」
③「美味いに違いない!」
④「飲んでみよう!」

となるわけです。

(2)強調語でメッセージを強化する

「本麒麟」の「本」。

「本物」の「本」、「本気」の「本」です。

社名の「麒麟」を商品名に入れているだけでも相当の覚悟を感じます。
それに、更に「本」まで入れちゃってます。

「本」を付けることで更にメッセージを強化しているわけです。

 

ネーミングの由来には、

「日常的に飲むものだからこそ、一番うまいものをつくりたい。」というキリンビールのビール会社としての覚悟と強い想い、そして本物を追求する姿勢を込めて、社名に「本」をつけ、商品のネーミングとした。

(引用元:2018年度・第29回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」|日刊工業新聞社

とあります。

 

覚悟、想い、姿勢。

こういうメーカー側の「本気」が商品名から滲み出てくる。
だからこそ、消費者の心を動かすのです。

 

強調語の例としては、「本」の他に、「真」とか「The」等も使えそうです。

社運を懸けたイチオシ商品。
ここぞというときに使ってみると良いかもしれません。

(3)文字数を少なくして印象を強める

「本麒麟」。

漢字でたった3文字です。
それなのに、すごく重厚な印象を与える商品名ですよね。

理由は、本気・本物の「本」と、社名の「麒麟」の組み合わせだから。
迫力があります(笑)

ネーミングでの注意点。
それは、名前が長くなればなるほど覚え難くなり、見た人の印象にも残らないということ。

大抵の人は情報を詰め込みすぎて、文字数・音数を増やしてしまいます。

伝える情報を絞る。
大事な情報を1つだけ伝える。
1つの言葉に商品に懸ける思いを全てぶつける。

それに徹した方が熱量が伝わる良い名前になります。

 

「本麒麟」の場合は、

「俺たちは本気で美味いビールを作ったぜ!」
「飲んでみてくれ!」

そんな思いを漢字3文字に込めています。
ネーミングでは文字数あたりの情報量、情報密度を上げることが大事なのです。

まとめ

「本麒麟」はキリンビールの過去10年の新商品の中で売上No.1を記録しています。
ネーミング大賞でも1位を取ったので、名実ともにNo.1ということですね(笑)

良い商品には良い名前をつける。
名前と中身の相乗効果で売上が伸びていく。

これがネーミングの醍醐味だと思いますよ。

ネーミング|オススメの記事

ネーミングに関するオススメの記事はこちら!

 

【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ
「ネーミングって難しい…。」 そんな風に思っていませんか? 実はネーミングにもコツのようなものがあるんです。 今回はそのコツを6つ紹介します。 ① 音を意識する/② 有名な言葉をなぞる/③ 意外性を出す/④ その商品を使っているシーンをイメージさせる/⑤ ターゲットを絞り込む/⑥ ライバルと差別化する
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは?
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは? 寒い冬を乗り切るための必需品・防寒グッズ。 中でも、冷え性に悩む人の絶大なる支持を受けているのが「まるでこたつソックス」です。 参考:「まるでこたつソックス」が、ネーミングを裏切らない想像以上の暖...
JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」 駅名のネーミングセンスがひどすぎる件
最近、目につくイケてないネーミング...。 そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。 今回の失敗事例は、早くもネット上では非難轟々、本日発表されたばかりのJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」です。
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト 「えだまりこ」はカルビーが製造販売する豆系スナック菓子です(*1)。 枝豆を原料とする、一口サイズのスティック型スナックです。 じゃがいもを原料とする「じゃがりこ」、とうもろこしを原料とする「とうもりこ」と並ぶ「りこ」シリーズの...

 

タイトルとURLをコピーしました