「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」のネーミングがひどすぎる件|3個以上の言葉を羅列するな!

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、「ネーミング」に関する記事です。

「新商品に名前を付けないといけないのに良い名前が思いつかない…。」
「自分にはセンスがないからネーミングは無理…。」

そんなお悩みをよく聞きます。

でも結論から言ってしまうと、ネーミングにセンスは不要です。

確かにセンスはないよりあった方がよいかもしれません。
でも、殆どの人はそれ以前のところで引っかかっています。

ネーミングには理論(ロジック)があります。
理論に則って考えれば、誰でも良いネーミングはできるのです。

弁理士は商標登録の専門家です。
商標登録の依頼を受ける中で、様々なネーミングについて相談されています。
その弁理士が商標登録の実務の中で蓄積してきた、センスに頼らないネーミングのコツをお伝えします。

「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」のネーミングがひどすぎる件|3個以上の言葉を羅列するな!

経済産業省とキャッシュレス推進協議会が、「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」というイベントを発表しました。

キャッシュレス決済の認知向上に向けたキャンペーンの第一弾だそうです。

参考:プレミアム“キャッシュレス”フライデー誕生。10連休はキャッシュレスウィーク|Impress Watch

 

しかしまぁ、どうしたらこんなセンスのかけらもない名前になるんでしょう…(苦笑)

今日は、この「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」のどこがまずいのか、ネーミングのポイントを押さえながら解説していきます。

(1)3個以上の言葉を羅列しない

このネーミングのまずい点、1点目は、3個以上の言葉の羅列です。

「プレミアム」、「キャッシュレス」、「フライデー」という3つの言葉を羅列しています。
このように、いくつかの言葉を並べると意味内容が伝わりにくくなります。

「プレミアム」が「キャッシュレス」にかかるのか、「フライデー」にかかるのかがよくわかりません。
この名前を作った人はこの名称が作られた経緯を知っています。
だから、意味内容を理解することもできるでしょう。

でも、部外者はそんな経緯は知りませんよね。
だから、これを聞かされても、「???」となってしまうわけです。

 

また、3個以上の言葉を羅列すると、必然的に名前が長くなります。

「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」。

促音や長音も含めると、文字数にして17文字もあります。

長い名前は覚えてもらえません。
覚えやすい文字数の目安は8文字以下くらいですかねぇ。
理想的なのは4-7文字くらい。

17文字はいかんせん多すぎるのです。

 

3個以上の言葉を羅列しないこと。
これがネーミングでは大事なのです。

(2)既成の言葉を分断しない

このネーミングのまずい点、2点目は、既成の言葉を分断してしまったことです。

間に「キャッシュレス」という言葉を割り込ませたために、既成の言葉「プレミアムフライデー」が「プレミアム」と「フライデー」に分断されてしまいました。

「プレミアムフライデー」は2017年(平成29年)にスタートした個人消費喚起キャンペーンです。
世間の人が月末の金曜日に、飲みに行ったり、カルチャースクールに通ったりしているかどうかは別にして、「プレミアムフライデー」という言葉自体はある程度、認知されています。

あぁ、それなのに!

「プレミアム」と「フライデー」に分断して元の意味をなさないものにしてしまいました。

それなら、「キャッシュレス・プレミアムフライデー」の方がまだマシ。
これなら、「プレミアムフライデー」はそのまま残ります。
そこに、「キャッシュレス」という要素が加わったのかな、と想像してもらうこともできそうです。

「プレミアム」と「フライデー」は「プレミアムフライデー」と一連に表記することで一つの意味内容を表します。
それを大した意味もないのに分断してはいけないのです。

(3)言葉に魂を宿らせる

このネーミングのまずい点、3点目は、言葉に力がないことです。

「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」。

プレミアムフライデーにキャッシュレス決済を使ってもらおうって意味なんでしょうねぇ。
いやはや、まるでひねりがありません。
「まんまやないかーい!」とツッコミを入れたくなります(苦笑)

ただ内容を示すワードを並べただけで面白みに欠けるんです。
言葉を練り込んでいない雑な感じが伝わってきます。

言葉にはその言葉の持つ力というものがあります。
言霊(ことだま)とでも言いますかね。

言葉って、練れば練るほど生命力が湧いてくるものなんですよ。

その言葉の力が人の心を動かし、ムーブメントを作っていくわけです。
逆に、言葉に力がなければ、世間の人はこのイベントに興味関心を示してくれません。

人の関心を惹きたいなら、言葉を練り込み、言葉に力を与えていく、言葉に魂を宿らせる。
そんな作業が必要なのです。

まとめ

以上、「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」のネーミングのダメな部分を挙げてきました。

これを反面教師にしてネーミングのコツを考えてみると、

(1)3個以上の言葉を羅列しない
(2)既成の言葉を分断しない
(3)言葉に魂を宿らせろ

 

というところでしょうか。

ネーミングで大事なのは文字数あたりの情報密度を上げることです。
短い言葉の中に、ギューっとエッセンスを詰め込む。
そのために頭を絞るということです。

パッと良い名前が降ってくることなんてありません。
頭を絞って良い名前を絞り出しましょう!

ネーミング|オススメの記事

ネーミングに関するオススメの記事はこちら!

 

【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ
「ネーミングって難しい…。」 そんな風に思っていませんか? 実はネーミングにもコツのようなものがあるんです。 今回はそのコツを6つ紹介します。 ① 音を意識する/② 有名な言葉をなぞる/③ 意外性を出す/④ その商品を使っているシーンをイメージさせる/⑤ ターゲットを絞り込む/⑥ ライバルと差別化する
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは?
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは? 寒い冬を乗り切るための必需品・防寒グッズ。 中でも、冷え性に悩む人の絶大なる支持を受けているのが「まるでこたつソックス」です。 参考:「まるでこたつソックス」が、ネーミングを裏切らない想像以上の暖...
JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」 駅名のネーミングセンスがひどすぎる件
最近、目につくイケてないネーミング...。 そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。 今回の失敗事例は、早くもネット上では非難轟々、本日発表されたばかりのJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」です。
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト 「えだまりこ」はカルビーが製造販売する豆系スナック菓子です(*1)。 枝豆を原料とする、一口サイズのスティック型スナックです。 じゃがいもを原料とする「じゃがりこ」、とうもろこしを原料とする「とうもりこ」と並ぶ「りこ」シリーズの...

 

タイトルとURLをコピーしました