ネーミングのコツ|商品の特徴を暗示する言葉を使った「キリンファイア ワンデイブラック」

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、「ネーミング」に関する記事です。

「新商品に名前を付けないといけないのに良い名前が思いつかない…。」
「自分にはセンスがないからネーミングは無理…。」

そんなお悩みをよく聞きます。

でも結論から言ってしまうと、ネーミングにセンスは不要です。

確かにセンスはないよりあった方がよいかもしれません。
でも、殆どの人はそれ以前のところで引っかかっています。

ネーミングには理論(ロジック)があります。
理論に則って考えれば、誰でも良いネーミングはできるのです。

弁理士は商標登録の専門家です。
商標登録の依頼を受ける中で、様々なネーミングについて相談されています。
その弁理士が商標登録の実務の中で蓄積してきた、センスに頼らないネーミングのコツをお伝えします。

ネーミングのコツ|商品の特徴を暗示する言葉を使った「キリンファイア ワンデイブラック」|本日のポイント

本日(2019.4.2)、キリンビバレッジから大容量ペットボトルコーヒー「キリンファイア ワンデイブラック」が新発売されました。

 

 

最近、「ちびだら飲み」という言葉が流行っています。
デスクワーカーが机に缶コーヒーを置き、ちびちびダラダラと飲むスタイルのことです。

 

【本日発売】1日分の大容量、ちびだら飲み特化の『キリン ファイア ワンデイ ブラック』の、ぬるくて美味いに驚いた!|おためし新商品ナビ

 

 

「キリンファイア ワンデイブラック」は、この「ちびだら飲み」用に開発された缶コーヒーです。

長時間、飲み続けられるように、大容量(600mL)としています。
また、ずっと飲んでいても飽きがこない、冷めても美味しい等、「ちびだら飲み」に適した味に調製されています。

今日は、この「キリンファイア ワンデイブラック」が題材です。

「キリンファイア ワンデイブラック」から学びたいネーミングのコツは以下の3つです。

流行りの言葉をそのまま入れない
商品の特徴を暗示する言葉を使う
商品やパッケージの世界観とイメージを合わせる
では、「キリンファイア ワンデイブラック」からネーミングのコツを学んでいきましょう!

ネーミングのコツ①|流行りの言葉をそのまま入れない

ネーミングのコツ、1つ目は、

流行りの言葉をそのまま入れない

ことです。

流行りの言葉をそのまま入れてしまうと、他社と似たり寄ったりの商品名になりがち

だからです。

 

今、「ちびだら飲み」という言葉が流行っているわけですよね?
そうすると、商品名にもその言葉を入れたくなるのが人情です。

でも、それだとネーミングとしては全くひねりがありません。
安直な感じを与えます。

また、他社も同じような発想でネーミングをしてくると、商品名が似たり寄ったりになります。

商品名で差別化することができなくなる

わけです。

商品名に流行りの言葉をそのまま入れない。
これがネーミングのポイントなのです。

ネーミングのコツ②|商品の特徴を暗示する言葉を使う

ネーミングのコツ、2つ目は

商品の特徴を暗示する言葉を使う

ことです。

真逆のイメージの言葉を組み合わせることで、

他社の商品名とかぶりにくくなり、独自性を出せる

からです。

 

「ちびだら飲み」をそのまま入れない方がいい。
でも、「ちびだら飲み」する人にそれ用のコーヒーであることをアピールしたい。

こういうときにはどうするか?

一つの方法として、「ちびだら飲み」という言葉を、それを暗示する言葉に置き換えるという方法があります。

 

この商品では「ワンデイ」という言葉を使っています。

「ワンデイ(1day)」というと、使い捨てコンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー」のように「1日限定」という意味で使われることもあります。

でも、ここでは、「ちびちびダラダラ」という時間の長さを「ワンデイ(1day)」と表現したわけです。

このように、流行りの言葉を別の言葉で置き換えることで、

流行りの言葉にそのまま乗っかった商品名とは差別化することができる

のです。

ネーミングのコツ③|商品やパッケージの世界観とイメージを合わせる

ネーミングのコツ、3つ目は、

商品やパッケージの世界観とイメージを合わせる

ことです。

商品やパッケージと、商品名との間に一体感がないと、商品の世界観が損なわれる

からです。

 

この商品のボトルはオフィスのデスクに置いたときにも見栄えがするように、シルバーをベースにしたスタイリッシュなデザインを採用しています。
キャップもラベルも落ち着いたブラックとゴールドの配色にしています。

だから、そのラベルに表示される商品名も同じようにスタイリッシュな方がいいわけです。

「ちびだら」のようなひらがなで俗っぽい言葉よりも、「ONEDAY」のようにアルファベット表記されたスタンダードな言葉の方が、このボトルデザインには合っています。

 

商品名はそれ単独で存在するものではありません。

商品の中身、商品パッケージ、売り場の雰囲気…。
これらの要素とガッチリ噛み合って初めて商品の世界観が形成されます。

商品名だけ色合いが違ってしまうと、商品の世界観が台無しになってしまうので要注意です。

 

このように、

商品やパッケージの世界観とイメージを合わせた商品名とすることで、商品のイメージがグッと良くなる

のです。

ネーミングのコツ|商品の特徴を暗示する言葉を使った「キリンファイア ワンデイブラック」|まとめ

「キリンファイア ワンデイブラック」から学びたいネーミングのコツは、

流行りの言葉をそのまま入れない
商品の特徴を暗示する言葉を使う
商品やパッケージの世界観とイメージを合わせる

 

でした。

商品名は同種の商品と一緒に並べられた時に、間違いなく手に取ってもらえる独自性・特徴があった方が良いです。
自分目線でばかり考えるのではなく、商品棚に置かれたときの状況を思い浮かべながら、商品名を考えるようにしましょう!

ネーミング|オススメの記事

ネーミングに関するオススメの記事はこちら!

 

【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ
「ネーミングって難しい…。」 そんな風に思っていませんか? 実はネーミングにもコツのようなものがあるんです。 今回はそのコツを6つ紹介します。 ① 音を意識する/② 有名な言葉をなぞる/③ 意外性を出す/④ その商品を使っているシーンをイメージさせる/⑤ ターゲットを絞り込む/⑥ ライバルと差別化する
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは?
事例・靴下「まるでこたつソックス」から学ぶネーミングのコツ|売上を17倍にしたネーミングの秘訣とは? 寒い冬を乗り切るための必需品・防寒グッズ。 中でも、冷え性に悩む人の絶大なる支持を受けているのが「まるでこたつソックス」です。 参考:「まるでこたつソックス」が、ネーミングを裏切らない想像以上の暖...
JR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」 駅名のネーミングセンスがひどすぎる件
最近、目につくイケてないネーミング...。 そんなネーミングの失敗事例を反面教師にしてネーミングのコツを探ってみようという不定期連載企画「●●のネーミングがひどすぎる件」。 今回の失敗事例は、早くもネット上では非難轟々、本日発表されたばかりのJR山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」です。
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト
事例・カルビー「えだまりこ」から学ぶネーミングのコツ|覚えやすさ×インパクト 「えだまりこ」はカルビーが製造販売する豆系スナック菓子です(*1)。 枝豆を原料とする、一口サイズのスティック型スナックです。 じゃがいもを原料とする「じゃがりこ」、とうもろこしを原料とする「とうもりこ」と並ぶ「りこ」シリーズの...

 

タイトルとURLをコピーしました