サトウの切り餅、特許権侵害訴訟で越後製菓に敗れる|弁理士の大事な仕事「クレームドラフティング」とは

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@ta2_ymd)です。

はじめに

弁理士がどんな仕事をしているのか知らない方がほとんどではないでしょうか。
今日は、弁理士の大事な仕事の一つである「クレームドラフティング」についてお話しします。

サトウの切り餅、特許権侵害訴訟で越後製菓に敗れる|弁理士の大事な仕事「クレームドラフティング」とは

(1)特許はハイテクばかりじゃない

特許というと、スマートフォンやハイブリッドカーのようなハイテクなものを想像してしまいがちです。
でも、そんなことはありません。

一見、簡単そうに見えるローテクにも特許権はきちんと与えられています。

4月10日にも、ローテク特許に関する裁判の判決がありました。
特許権の対象は、なんと「切り餅」!

高橋英樹のCMでお馴染み越後製菓(業界2位)が、「さとぉ~の切り餅ぃ~♪」の佐藤食品工業(業界1位)を、「切り餅特許」の特許権侵害で訴えたのです。

東京地裁は、越後製菓の主張を認め、佐藤食品に8億円近い損害賠償金を支払うよう命ずる判決を出しました。

(2)弁理士の大事な仕事「クレームドラフティング」とは

特許権侵害の裁判では「特許請求の範囲」という書類の文章に基づいて特許権を侵害しているかどうかが判断されます。

「特許請求の範囲」は、特許を申請する際に提出する書類で、特許権の対象となる発明の内容を文章で記載したものです。
この文章(クレーム)を書く作業が「クレームドラフティング」です。
弁理士は、発明者から発明の内容を聞き取り、その内容を理解した上で文章(クレーム)に起こします。
明確に、簡潔に、そして従来の技術と区別できるように。

クレームの書き方が悪いと、特許権を取れなかったり、特許権の範囲が狭くなったりすることがあります。
だからこそ、「クレームドラフティング」は、弁理士の腕の見せ所とも言えるわけです。

(3)クレームの書き方とその解釈が裁判の勝敗を決する

越後製菓の「切り餅特許」は、下の図のように、切り餅の横の面に切込みを入れるというシンプルなものでした。

 

※ 図面は特許411382号公報より引用。説明を加筆。

 

横の面に切り込みが入っていることで、焼いている時にお餅の中身が、どばっと流れ出ず、下の図のように、キレイに焼けるわけです。


※ 図面は特許411382号公報より引用。説明を加筆。

そして、越後製菓の「切り餅特許」のクレームには、「切り餅の上の面とか下の面ではなく、横の面に切り込みを入れる」という内容が記載されていました。(実際のクレームは、もっと難しい言葉で記載されています)

これに対し、佐藤食品の切り餅は、下の図のように、横の面だけではなく、上の面や下の面にも切り込みが入ったものでした。

※ 図面は平成24年(ワ)第12351号判決の別紙より引用。説明を加筆。

佐藤食品は、

● クレームには「上の面とか下の面ではなく、横の面に」と書いてある。
● うちの切り餅は、上の面や下の面にも切り込みを入れているから、クレームに書いてある切り餅とは違う(特許権侵害ではない)。

というニュアンスの主張をしたのですが、越後製菓は、

●「上の面とか下の面ではなく」は、「横の面」を修飾する記載にすぎない。
● だから、上の面や下の面に切り込みが入っていようがいまいが、横の面に切り込みが入っている限り、クレームに書いてある切り餅と同じものである(特許権侵害)。

というニュアンスの反論をし、最終的には越後製菓の言い分が通る形で判決が出ました。

クレームの書き方とその解釈が裁判の勝敗を決したのです。

 

この例でもわかるように、人は自分にとって都合がいいように文章を読むものです。
ですから、できる限り解釈の余地が少なく、誰が読んでも同じ意味に解釈してもらえるようなクレームにしておくことが理想的です。

そのためには、

信頼できる弁理士にクレーム作成を依頼すること
弁理士に発明の内容や取りたい特許のイメージを具体的に説明すること
弁理士が作ったクレームがわかりにくいときは、納得できるまで説明してもらうこと

などが大事です。

今日のポイント

● クレームの書き方が悪いと、特許権の範囲が狭くなることがある。
● できる限り解釈の余地が少ないクレームにしておくことが理想的。
● 信頼できる弁理士にクレーム作成を依頼することが大事。

 

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ  

 

Twitterでもブランドづくりに関する情報を発信しています。
ご興味のある方はフォローしてください!

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせフォーム: https://yamadatatsuya.com/contact/
お問い合わせは、随時、受け付けています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

いいね!やフォローでブログの更新情報が届きます!

プロフィール

山田 龍也(やまだ たつや)
山田 龍也(やまだ たつや)
ものづくりとブランドづくりの専門家/弁理士/ブロガー。
中小製造業のものづくり、個人事業主のブランドづくりを支援中。
特許・実用新案・意匠・商標の権利取得手続; 知財戦略・商品の差別化戦略の立案; 商品の企画・開発に関するアドバイス; 情報発信を用いたブランディング・マーケティング; が得意。
 

メルマガ登録はこちらから

メルマガ「中小企業と個人のためのササるブランドを創るコツ」。
このメルマガでは中小企業と個人に特化した、ターゲットの心にズバッとササるブランドづくりのコツを公開します。
自分の商品やサービスをもっと知ってもらいたい。
もっと世の中に広めていきたい。
そんな中小企業・個人の皆様、ぜひご購読ください!
*メールアドレス

サトウの切り餅、特許権侵害訴訟で越後製菓に敗れる|弁理士の大事な仕事「クレームドラフティング」とは” に対して 16 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください