頭をスッキリさせる方法

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@sweetsbenrishi)です。

目次

頭をスッキリさせるには散歩が良い

朝一でスイッチを入れたい時。仕事の効率が下がってきて、もう一度エンジンをかけたい時。
皆さんはどんなことをしていますか?

最近、ヤマダは「散歩」を活用しています!

散歩は脳を覚醒させ、活性化させる

散歩は、(1)リズム運動であり、(2)有酸素運動です。
また、朝に散歩をすれば、(3)朝日を浴びることもできます。

(1)~(3)によって、セロトニンなどの神経伝達物質の分泌が促され、体内時計がリセットされて身体のリズムが整えられます。

このため、散歩には脳を覚醒させ、活性化させる効果があるのです。

特に朝散歩がオススメ

昨日は、朝早く起きて30分くらい、隅田川の河川敷を歩きました。

さわやかな朝の風景

景色はこんな感じです。

東京も意外に緑が多いんですよね。

広々とした河川敷を歩くのは気持ちいいです。
スカイツリーも見えますしね。
開放的な気分になります。

自分のペースでゆっくり歩く

「散歩」はランニングでも、ジョギングでも、速歩でもありません。

隅田川の河川敷はランニングコースが整備されていて、ものすごいスピードで疾走している人もいます。

でも気にしない!
一切、無視(笑)

あまり身体に負荷をかけず、ゆっくり時間をかけて歩きます。
とにかく自分のペースで歩く、というのが大事です。

歩数計アプリで記録を取る

「Walker – 歩数計 Lite」という歩数計アプリを使って記録を取ってみました。

その結果はこちら。

31分間歩いて、歩数が3465歩、距離は約2.7Km、約86kcalを消費したというデータです。
距離は少し長めに出ているようです。
地図で見ると、2kmを辛うじて超えるくらいでした。

30分で2kmということは、時速4キロ?
有酸素運動とは言うのが恥ずかしいくらいの軽い運動です(笑)

散歩をすると頭がスッキリする

散歩をすると、身体が温まって心地よい疲労感があります。

疲労感と言っても嫌なダルさではなく、心地よい疲労感です。
一方、頭はスッキリしています。
身体は少し疲れているけれど、頭は冴えている。
そんな感じです。

散歩をすることで、スっと作業に集中することができる状態になりました。

まとめ

ジョギングでも速歩でもなく、負荷が軽い「散歩」をすることで、頭をスッキリさせることができます。
頭をスッキリさせることが目的なので、軽い運動で十分です。

朝一から集中して仕事をバリバリこなしたい時。
午後、頭が疲れて作業効率が低下してきた時。

散歩をしてみてはいかがですか?
おススメですよ!

参考サイト

「Walker – 歩数計 Lite」(歩数計アプリ)

App Store
‎Walker - 歩数計 Lite ‎日本 ヘルスケア&フィットネス 無料ランキング1位 Walkerは、マルチタスク対応の歩数計を備えた、歩数記録管理アプリです。 歩数や歩行距離、消費カロリー、体重、体脂肪...
この記事を書いた人
山田 龍也
クロスリンク特許事務所 代表弁理士。知財活用コンサルタント・ネーミングプロデューサーも務める。 中小製造業によくある「良い商品なのに売れない」のお悩みをローテク製品の特許取得、知的財産(特許・商標)を活用したブランドづくり、商品名のネーミングで解決している。
役にたったらシェアしてください!
目次