知財ニュースを弁理士が解説!(2016.09/08)

目次

はじめに

知的財産やものづくり、ブランドづくりに関するニュースの中からヤマダが独断と偏見でチョイスしたニュースをざっくり解説する「知財ニュースを弁理士が解説!」。

今回の話題は、アスタキサンチン、テニスラケット、悪意の商標出願などです!

富士フイルム、業態転換の象徴「アスタキサンチン」を護れるか

写真事業から華麗な業態転換を果たした富士フイルム。

その象徴が「アスタリフト」です。
「アスタリフト」は写真事業で培ってきた抗酸化成分「アスタキサンチン」が配合された化粧品です。

富士フイルムは化粧品通販大手のDHCが「アスタキサンチン」に関する特許を侵害しているとして東京地裁に訴えていました。
しかし、東京地裁は対象の特許が無効である(そもそも特許にするべきではなかった)として、富士フイルムの請求を棄却しました。
富士フイルムは控訴すると発表しています(*1)。
ですので、次は知財高裁で第2ラウンドが始まります。

私は大学卒業後、富士フイルムの関連会社で6年半ほど写真用薬品の合成研究をしていました。
その後、写真事業は厳しい状況になりましたが、あの華麗な業態転換で復活!
いつも気になる会社です。
この訴訟も頑張って欲しいです!

ヨネックスの新技術「ニューエアロフィンテクノロジー」

ヨネックスが「ニューエアロフィンテクノロジー」を搭載したテニスラケット『VCORE SV(Vコア エスブイ)』を発売します(*2)。

「エアロフィン」は空気の流れを良くする小さいフィンです。
これをラケットのフレームに取り付けることで、スイング時の空気抵抗を小さくし、スイングスピードを上げるという工夫です。

長岡技術科学大学との共同開発した新技術で、風洞解析実験まで行っています。
この技術については特許出願中です。
F1でも開発が進んでいるみたいですね!

ラケットも日々進化しているということです。

因みに、私もテニスフリークですが、ヨネックスのラケットを使ったことはありません。
今はHEADのRadicalというラケットを使っています(*3)。

アンディー・マレーと同じシリーズです。
今日、アンディーは錦織君に大金星を献上してくれました!(拍手)

中国でまたも悪意の商標出願

またまた、中国で悪意の商標出願がされてしまいました。

中国には商標が出願されていないのをいいことに、日本の地名を勝手に登録しようとする輩がいます。

今回は「和歌山」を出願した輩がいたようです(*4)。

先日、「弘前」も異議を申し立てていました(*5)。

商標は早い者勝ちが原則とはいえ、他国の地名を勝手に登録するとは。
節操がなさすぎですね…。

早期に対策を打って欲しいものです。

関連サイト

(*1)富士フイルム/DHCをアスタキサンチン配合技術特許の侵害で控訴|メーカーニュース

http://makernews.biz/201608316807-9/

(*2)2016.09.06 ヨネックス『VCORE SV(Vコア エスブイ)』新発売|THE TENNIS DAILY

WOWOWテニスワールド
WOWOWテニスワールド 世界トップ選手のテニス情報を配信するWOWOWテニスワールドがお届けする、テニス速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報を紹介します。

(*3)Radical Racquets|HEAD

あわせて読みたい
404 Not Found – HEAD Page description

(*4)中国で「和歌山」商標出願 異議申し立て|日テレニュース24

日テレNEWS
中国で「和歌山」商標出願 異議申し立て 和歌山県は6日、先月、中国・北京市に住む個人が子供服やネクタイなどの分野で出願していたことがわかった2つの商標について、「和歌山」の名称を勝手に商標として出願し...

(*5)中国「弘前」商標出願で市など異議申し立て|陸奥新報

あわせて読みたい
この記事を書いた人
山田 龍也
クロスリンク特許事務所 代表弁理士。知財活用コンサルタント・ネーミングプロデューサーも務める。 中小製造業によくある「良い商品なのに売れない」のお悩みをローテク製品の特許取得、知的財産(特許・商標)を活用したブランドづくり、商品名のネーミングで解決している。
役にたったらシェアしてください!
目次