【現地観戦!】中村俊輔のフリーキックが強豪マンチェスターUを沈めた!セルティック、初の決勝トーナメント進出! ~2006/07 UEFA CL観戦記(前編)<2006.11.21>~

【現地観戦】中村俊輔のフリーキックが強豪マンチェスターUを沈めた!セルティック、初の決勝トーナメント進出! ~2006/07 UEFA CL観戦記(前編)<2006.11.21>~

UEFA CL 、グループステージ開幕!

UEFA CLとは

2016/17 UEFA チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージが開幕した。CLは欧州各国の上位クラブがクラブNo.1を競うサッカー界の一大イベント。事実上の世界No.1クラブ決定戦だ。

グループステージに出場するのは32クラブ。8つのグループに分かれ、ホーム&アウェーの総当り2回戦を行う。各グループの成績上位2クラブが決勝トーナメントに進むことができる。

レアルはグループF、アトレティコはグループD

2015/16シーズン優勝のレアル・マドリード(スペイン)はグループF。香川真司のドルトムント(ドイツ)と対戦することとなった。

同じく準優勝のアトレティコ・マドリード(スペイン)はグループD。強豪バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)と対戦する。

セルティックはグループC。初戦でバルサに歴史的大敗

予選を勝ち上がったセルティック(スコットランド)はグループCでバルセロナ(スペイン)、マンチェスター・シティ(イングランド)と同組。この2つの強豪を撃破しない限り、グループリーグの突破は厳しいだろう。

そして迎えた第1節。

セルティックは敵地カンプ・ノウで、メッシ擁するバルセロナに挑んだ。しかし、実力差は如何ともし難く、0-7という歴史的な大敗を喫してしまった。さすがにこの大敗には地元スコットランドも落胆したようだ。

 

 

彼らにとってNakaは今もアイドルであり、ヒーローであり、レジェンドだ。そして、彼らの眼に未だ強烈に刻み込まれているのは、10年前の「あの試合」なのだ。

セルティックvsマンチェスターU戦 マッチプレビュー

2006年11月21日

11月下旬のグラスゴーは凍えるような寒さだ。スキー用のインナーを着てきたが、まるで役に立たない。ほんの10分歩いただけでつま先の感覚はなくなった。

寒風吹きすさぶ中、僕はセルティックの本拠地セルティックパークに向かっていた。2006/07 UEFA CL グループステージ。セルティック vs マンチェスターU戦を観戦するためだ。

2週間前

セルティックは、敵地オールドトラフォードでユナイテッドとのアウェー戦に挑んでいた。2-3で惜敗したものの、中村俊輔が芸術的なフリーキックでゴールを奪い、強豪のユナイテッドに肉薄している。

この2週間前の善戦。そして、セルティックのホームゲームでの抜群の強さ。2つの要素がサポーターの期待とスタジアムの熱量を押し上げていた。

セルティックvsマンチェスターU戦 キックオフ

you’ll never walk alone

試合開始が近づくと、サポーターはロゴ入りのマフラーを掲げ、「you’ll never walk alone」の大合唱を始めた。スタジアムの空気が更に熱を帯びてくる。この大合唱が終わるのを待つことなく、レフェリーは笛を吹いた。キックオフだ。

ユナイテッドの一方的な攻勢。セルティックは防戦一方に

サポーターの期待とは裏腹に(サポーター以外の大方の予想通り)、試合は一方的な展開となった。クリスチアーノ・ロナウド、ウェイン・ルーニー、ライアン・ギグス、ポール・スコールズ、ルイ・サア…。決して本調子には見えないユナイテッドの攻撃陣がセルティックの脆弱なディフェンスラインを次々に切り裂いていく。

孤軍奮闘するGKボルッツ

いつゴールを割られてもおかしくない状況で、なんとか試合のバランスを保っていたのは最後方で孤軍奮闘するポーランド人GK アルトゥール・ボルッツだ。この日のボルッツは抜群の冴えを見せていた。クロスボールの対応で時折頼りなさを覗かせるものの、正面からの一対一にはめっぽう強く、ユナイテッドの嵐のような猛攻をシャットアウトしていった。

前半は0-0のスコアレスで終了

結局、ユナイテッドはボルッツからゴールを奪うことができないまま、前半は0-0のスコアレスで終わった。

(後編に続く)

 

 

【スカパー!】お申込みから約30分で見られます!

オススメの記事

 

「大迫、半端ないって!」を他人が商標登録する意味はあるのか?
クロスリンク特許事務所(銀座・東銀座・新橋)・弁理士のヤマダ(@ta2_ymd)です。はじめにサッカーW杯ロシア大会。日本代表は大方の予想に反し、初戦で難敵コロンビアを2-1で下す好スタートを切りました。この試合で決勝ゴールを決めたのが大迫選手。「大迫、半端ないって!」がトレンドワード入りしています。し...
先行商標調査の重要性。鹿児島ユナイテッドFC、フットサルコートの名称を急遽変更|中小企業のためのブランド戦略事例集
クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、中小企業専門の弁理士・山田龍也(@ta2_ymd)です。はじめにJリーグ2部・鹿児島ユナイテッドFCが今月下旬(2019.4.28)オープン予定のフットサルコートの名称を急遽変更しました。どうやら、既に商標登録されていたのを見逃していたようです。今日は、...
石屋製菓が「白い恋人」のロゴを消した理由|中小企業のためのブランド戦略・参考事例集
クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、中小企業専門の弁理士・山田龍也(@ta2_ymd)です。はじめに実際の事例の中から、中小企業のブランドづくり・ブランディングに役立つ事例を紹介・解説する不定期連載企画「中小企業専用。ブランド戦略・参考事例集」。今回の事例は、「白い恋人」でお馴染み、石屋製菓...
電撃解任! それでもハリルホジッチを解任すべきではない3つの理由
クロスリンク特許事務所(銀座・東銀座・新橋)・弁理士のヤマダです。 はじめに サッカー日本代表監督 ヴァヒド・ハリルホジッチが電撃解任された。 長らく燻っていた問題が、W杯まであと2箇月というこの時期になって噴出した形となった。 あえて世論に背を向けて、「ハリルホジッチを解任すべ...

 

ネーミングや商標登録に関するご相談・ご依頼はこちらからお願いします。

https://yamadatatsuya.com/contact/

 

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ   T

タイトルとURLをコピーしました