仕事に繋がるブログを作るための3つのポイント

クロスリンク特許事務所(銀座・東銀座・新橋)・弁理士のヤマダ(@ta2_ymd)です。

はじめに

昨日(2019.3/16)、「フツーの主婦にもできた!ブログから出版、収入、企業、そして100万PVブログセミナー」に参加してきました。

今日はこのセミナーから学んだこと、仕事に繋がるブログを作るための3つのポイントを紹介します。

仕事に繋がるブログを作るための3つのポイント

「フツーの主婦にもできた!ブログから出版、収入、企業、そして100万PVブログセミナー」は精神科医・作家の樺沢紫苑先生が主宰するウェブ心理塾の月例セミナーとして開催されました。

▲ 「アウトプット大全」が35万部超えのヒットとなった樺沢先生

 

講師は家計簿&家計管理アドバイザーの平塚千晶さん。
ブログから人気に火が点き、既に4冊のご著書を出版されています。

▲ 平塚千晶さん

 

そしてもうひとり。
スピリチュアルジュエリーの専門家・木村衣晴さん。
木村さんも3冊の著書を出版されています。

▲ 木村衣晴さん

 

このお二人のお話を仕事に繋がるブログを作るための3つのポイントとして整理してみました。

(1)専門家としての立ち位置を明確にするプロフィール

第1のポイントは、専門家としての立ち位置を明確にするプロフィールです。

情報を発信する主体が何者であるかを明らかにするということです。

 

平塚さんは、検索エンジンのGoogleがブログサイトを評価する基準として、

● サイトの信頼性
● 権威性
● 専門性

等を重視していることを指摘した上で、実績を数値化してプロフィールに盛り込むの重要性を訴えていました。
例えば、SNSのフォロワー数、セミナーの開催回数、イベントの動員人員、資格等です。

「数字にできる立派な実績なんかないよ~(泣)」と思う方も多いでしょう。
でも、平塚さんは数値の内容が立派なものでなくてもよい、数値化していること自体が大事だと言っていました。
例えば、「主婦歴15年」でも書いた方がよいということです。

まずは、自分の実績と思われるものを片っ端から集める。
そして、その中からどの実績が読者にアピールし、インパクトを与えられるかを考える。

ということだと理解しました。

 

木村さんも、検索されたときに、

● 何の専門家であるかがわかること
● 同業者との違いがわかること(差別化)
● これらが言語化されていること

が大事だと言っていました。

 

プロフィールがフワっとしていると、なかなか仕事には繋がりません。
専門家としての立ち位置を明確にし、他の専門家と何が違うのかがひと目でわかるようなプロフィールを作ることが大事なのです。

(2)読者の変化を生み出すコンテンツ

第2のポイントは、読者の変化を生み出すコンテンツです。

木村さんは、読者に「変化」を生み出すことができるコンテンツが必要だと強調していました。

 

読者は何のためにブログを読むのか。
それは自分の中の足りない部分を補い、より良い形に自分を進化させることを目指すためではないでしょうか?

これは通常のビジネスでも全く同じで、商品やサービスを購入する人は、その商品やサービスが直接の目的ではなく、その商品やサービスを購入することで得られる自分の変化が目的なのです。
例えば、お掃除ロボットを購入する人は、「掃除に煩わされる」から「自由な時間を楽しむ」への変化を期待しているし、エステのサービスを購入する人は、「イマイチいけてない自分」から「美しい自分」への変化を期待しているわけです。

だから、ブログでは、読者が「一歩先に進んだ自分」を一瞬でイメージさせることができるようなコンテンツを用意しなければいけないということです。

ブログではとかく方法論の説明に終始しがちです。
しっかり、その方法を実施した後に得られるメリットを見せてあげることが大事なのです。

(3)収益に繋がる導線

第3のポイントは、収益に繋がる導線です。

ビジネスのためにブログを運営するのであれば、仕事・収益に繋がるような設計が必要だということです。

 

平塚さんは、

● ブログでどんな情報を出すのか(ブログの目的)
● ブログからの収益ポイントはどこか(ブログの役割)

を決めることが大事だと言っていました。

 

一方、木村さんは、

● ブログを読んだ人が購入できる商品やサービスを用意する
● フェアやキャンペーンを告知し、商品やサービスの購入を促す

というやり方をしているそうです。

 

言われてみれば当たり前のようにも思えます。
しかし、意外に記事を書くことにばかり意識が行って、肝心なはずの収益への導線が疎かになっているケースは意外に多そうです。

この辺りを意識するだけでも、仕事に繋がる、収益を得られる、結果を出せるブログになりそうです。

まとめ

以上、仕事に繋がるブログを作るための3つのポイントについて説明してきました。

ポイントは、

(1)専門家としての立ち位置を明確にするプロフィール
(2)読者の変化を生み出すコンテンツ
(3)収益に繋がる導線

 

の3つでした。

皆さんのブログはこの3つのポイント、うまくできているでしょうか?
この3つに手を加えるだけでも仕事への繋がりやすさが格段に変わってくるはずです。
せひ試してみてください!

オススメの記事

ブログ術に関する記事はこちら。



 

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ  

 

Twitterでもブランドづくりに関する情報を発信しています。
ご興味のある方はフォローしてください!

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせフォーム: https://yamadatatsuya.com/contact/
お問い合わせは、随時、受け付けています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

いいね!やフォローでブログの更新情報が届きます!

プロフィール

山田 龍也(やまだ たつや)
山田 龍也(やまだ たつや)
ものづくりとブランドづくりの専門家/弁理士/ブロガー。
中小製造業のものづくり、個人事業主のブランドづくりを支援中。
特許・実用新案・意匠・商標の権利取得手続; 知財戦略・商品の差別化戦略の立案; 商品の企画・開発に関するアドバイス; 情報発信を用いたブランディング・マーケティング; が得意。

お仕事のご相談はこちらから

特許や商標の申請業務は勿論、ブランディング、ネーミングに関するコンサルティングをお引き受けしています。