事例から学ぶキャッチコピーの作り方|「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。

この記事は、「キャッチコピー」のカテゴリーに属する記事です。

キャッチコピー(キャッチフレーズ、タグライン)は、お店や商品・サービスを宣伝するための短い文章です。
インパクトのあるキャッチコピーは、見込客を惹き付け、集客や収益UPに貢献してくれます。

今日は”「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則”という本のタイトルからキャッチコピーの作り方を学んでみましょう!

 

事例から学ぶキャッチコピーの作り方|「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」

今回の事例は、「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」です。

「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」はファッションエディター・伊藤真知さんが書いた本”「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則”という本のタイトルに出てくるフレーズです。

本のタイトルはキャッチコピーとして見ても優れているものが多いです。
本のタイトルを分析することでキャッチコピーの作り方が見えてくるはずです。

ということで、今日は「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」から真似ぶべきポイントを紹介していきます。

先にキーワードを挙げておきましょう。以下の3つです。

● ターゲットを明確化する
● ターゲットのお悩みにズバッと切り込む
● お悩みの解決策を提案する
では、それぞれのポイントについて解説していきます。

ターゲットがぼんやりしていると、メッセージも曖昧になります。
ターゲットを絞り込み、その人たちに合わせたシャープなメッセージを打ち出す。
そうすることで、ターゲットの心にズバッとササる、良いキャッチコピーになります。

全ての人に興味を持ってもらうことは不可能だと割り切り、ターゲットを明確化することが大事なんです。

「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」のターゲットはユニクロユーザーです。

シャネラー、グッチャー、ヴィトナー等のハイブランドを好む人ではなく、庶民的なユニクロを愛する人を狙い撃ちしたメッセージです。

文頭の「ユニクロは…」で、ユニクロユーザーはピピッと反応するわけです。

【キャッチコピーの作り方②】ターゲットのお悩みにズバッと切り込む

ターゲットのお悩みにズバッと切り込む。
ターゲットの中にあるモヤッとした思いや潜在的なお悩みを顕在化してあげる。

こうすることで、ターゲットは「それ、ずっと気になってたんだよー!」と、商品やサービスに俄然興味を示すようになります。

 

ユニクロは比較的安価に質の高い服を提供しています。
ユニクロユーザーもそこに魅力を感じている人が多いはずです。

しかし、その一方で、「ユニクロは好きだけど、オシャレではないよな…」という悩みを抱えている人も少なくありません
ユニクロの服はベーシックなデザインが多いために、ともすると野暮ったく見えてしまうからです。

そういう悩みを持っている人に対して、「ユニクロは・・・おしゃれ」というメッセージは響くはずです。

必ずしも「おしゃれ」というイメージがないユニクロ。
そのユニクロを「おしゃれ」と言い切ることで、意外性・ギャップを感じさせることができます。
「ユニクロがおしゃれってどういうことなんだろう?」と、ターゲットの興味を惹くことができるのです。

【キャッチコピーの作り方③】お悩みの解決策を提案する

ターゲットのお悩みにズバッと斬り込むだけでは、お悩みを認識するだけに留まってしまいます。
キャッチコピーの中にお悩みの解決策を提案することで、商品やサービスに興味を持ってもらえるわけです。

 

ユニクロユーザーは「ユニクロはおしゃれじゃない」というお悩みを抱えているんですよね?
それに対して、このキャッチコピーでは「おしゃれ」という逆のメッセージを出しました。
そうすると、この2つの間のギャップを埋める要素が必要になるわけです。

このキャッチコピーでは、「3枚重ねると」の部分がそれに当たります。

「ユニクロはおしゃれじゃない」と思っている人に対して、

「いやいや、あなたユニクロを単品で着てるでしょ。」
「ユニクロは3枚重ねて着ないと!」

と、解決策を提案しているわけです。

 

伊藤さんはファッション誌でユニクロ特集を何度も担当し、ご自身もユニクロを愛用しているそうです。
ファッションのプロがユニクロの着こなし方を指南してくれる。
お悩みの解決策を提案してくれる。

それが伝われば、この本を買おうと思う人が出てくるはずです。

 

「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」。
これを見るだけでは、3枚重ねるとどんな効果を得られるのかまでは分かりません。

でも、キャッチコピーは短文です。
だから、解決策をチラ見せする程度でOKです。
ターゲットが「それなら解決できそうだな」という心象を持ってくれれば十分なのです。

キャッチコピーの役割はターゲットを食いつかせること

ターゲットが商品やサービスに興味を持ってくれれば、あとは勝手に行動してくれるのです。

まとめ

今日は、「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」を題材に、キャッチコピーの作り方について考えてみました。

ポイントを復習すると、

● ターゲットを明確化する
● ターゲットのお悩みにズバッと切り込む
● お悩みの解決策を提案する

の3つです。

本のタイトルは沢山の本の中からその本を手に取ってもらうために、著者や編集者が力を入れている部分です。
商品やサービスのキャッチフレーズを作る上でかなり参考になるはずです。

街で見かけた本のタイトルで気になったものはストックしておきましょう。
そして、そのタイトルのどこが気になったのかを分析してみましょう。

そうすることで、あなたが作るキャッチコピーが一味違ったものになっていくはずです。

参考情報”「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則”

今日、題材として取り上げた伊藤真知さんの本”「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則”。

ヤマダもユニクロは愛用しています。
リーズナブルな価格のユニクロでおしゃれができたら嬉しいですよね!
伊藤さんの本、読んでみようかな。

「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則 (講談社の実用BOOK) 

オススメの記事

ブランドづくりにおいてキャッチコピーと並んで大事なのがネーミングです。
キャッチコピー・ネーミングについての人気記事はこちら。

【総まとめ】センスの良い商品名を作るネーミングのコツ
「ネーミングって難しい…。」 そんな風に思っていませんか? 実はネーミングにもコツのようなものがあるんです。 今回はそのコツを6つ紹介します。 ① 音を意識する/② 有名な言葉をなぞる/③ 意外性を出す/④ その商品を使っているシーンをイメージさせる/⑤ ターゲットを絞り込む/⑥ ライバルと差別化する
事例から学ぶキャッチコピーの作り方| RoLAND「俺か、俺以外か。」
キャッチコピー(キャッチフレーズ、タグライン)は、お店や商品・サービスを宣伝するための短い文章です。 インパクトのあるキャッチコピーは、見込客を惹き付け、集客や収益UPに貢献してくれます。 今日はRoLANDの「俺か、俺以外か。」からキャッチコピーの作り方を学んでみましょう!
事例から学ぶキャッチコピーの作り方|「人形の久月」「顔がいのちの吉徳」
キャッチコピー(キャッチフレーズ、タグライン)は、お店や商品・サービスを宣伝するための短い文章です。 インパクトのあるキャッチコピーは、見込客を惹き付け、集客や収益UPに貢献してくれます。 今日は人気の雛人形「久月」「吉徳」からキャッチコピーの作り方を学んでみましょう!

 

キャッチコピーやネーミングに関するコンサルティングのご依頼・お問い合わせはこちら!

お問い合わせフォーム

 

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ   T

タイトルとURLをコピーしました