商品の差別化はターゲットの「購買心理」を意識せよ

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

はじめに

商品の差別化の基本。商品に「売り」を作り、「売り」を伝える
はじめに 先日「ヒット商品をつくる! はじめての『差別化戦略』」というセミナーを開催したことを記事に書きました。 非常に評判が良かったので、セミナーで話した内容を皆さんとシェアしていきたいと思います! ということで、今日から数回に分けて「差別化戦略」について解説していき...

 

上記の記事では、機械音痴の彼女がiPhoneを買う理由について考えました。

彼女がiPhoneを選ぶ理由は「品質」や「性能」ではありませんでした。それでは彼女はどんな理由でiPhoneを選んでいるんでしょうか?

今日は「人がモノを買う時の心理(購買心理)」と「差別化」の関係について考えてみたいと思います。

人がモノを買う時の心理(購買心理の7段階)

人がモノを買う時に共通する心の動きがあります。これを「購買心理」と言います。

商品の「差別化」は見込み客(ターゲット)にモノを買ってもらうための手法です。だから、ターゲットの「購買心理」を意識して、商品の「差別化」をすることが大事です。

「購買心理」には7つの段階があります。

 

【①注意】 んっ? 何これ?
【②興味】 へーっ。こんなのがあるんだ!
【③連想】 これを持ってたら便利そう!
【④欲望】 欲しい! 使ってみたい!
【⑤比較】 他にもっと便利なモノはないのかな?
【⑥確信】 やっぱり、最初に見たモノがいい!
【⑦決断】 買おう!

人はこの7段階を経て、モノを買っているということです。

購買心理で大事なのは前半の4段階

赤で示した「①注意」、「②興味」、「③連想」、「④欲望」。これらは感情的、直感的、右脳的な思考に基づく心理です。

一方、青で示した「⑤比較」、「⑥確信」、「⑦決断」。これらは理性的、論理的、左脳的な思考に基づく心理です。

 

この図からは、以下のことがわかります。

● 人がモノを買うときには、まず感情が動く(理性は後)
● 感情が動かなければ、人はモノを買ってくれない(感情を動かすことは必須)
● 「欲しい!」という欲望が湧くまでは、人は感情に支配されている
(買いたいという欲望が湧くまでに理性が入り込む余地はない)

 

人は「欲しい!」という欲望が湧いた時点で、大方、モノを買うことを決めています。購買心理の7段階のうち大事なのは前半の4段階で、殆どそこで勝負がついているのです。

その後、理性が働いて「比較」をしようとしますが、それは「衝動買いではない」という言い訳をするために、一応の確認作業をしているにすぎません。

人は「感情、直感、右脳」でモノを選び、「理性、論理、左脳」でそれを正当化しているのです。

「購買心理」と「差別化」の関係

このように、モノを買ってもらうためにはターゲットの感情を動かすことが必要です。品質や機能の良さを訴えて論理的に説得しようとしても、人はモノを買ってくれません。

ですから、商品の差別化においても、ターゲットの感情を動かせるような「売り」(商品独自の個性や魅力)を作る必要があります。

カッコいい、カワイイ、スゴイ、ステキ…。そんな感情を引き起こすような「売り」を作らないといけません。

 

人の感情を動かすのは五感(見た目、音、匂い、味、手触り)です。

iPhoneのスマートなデザインや高級な質感。これらは、たとえ機械のことがわからない彼女にも魅力的なものに映り、その感情を動かす「売り」になるはずです。

オススメの記事

「差別化」についての記事はこちら。

湖池屋の差別化戦略 ~「PRIDE POTETO」売れ行き好調。プレミアム路線のポテトチップスで業界の盟主・カルビーに宣戦布告~
はじめに 子供のおやつからビールのおつまみまで。 日本の家庭に幅広く普及するポテトチップス。 しかし、最近では販売価格も平均売価も軒並み低下し、苦戦を強いられているそうです。 今日は、そんな苦境の中、ポテチ界の盟主・カルビーに立ち向かう湖池屋の差別化戦略を紹介します! ポテチの元祖・湖池屋 vs ...
商品を差別化する「差別化戦略」のメリット
はじめに 「差別化戦略」は競争に勝つための戦略の一つです。もっとザックリ言えば、モノを買ってもらうための戦略です。 今日は「差別化戦略」のメリットについてお話しします。 「差別化戦略」と対極にある「コスト戦略」 「差別化戦略」。何ともモヤっとしたこの言葉...。こういうよく分からない言葉は似た言葉や反対...
ヒット商品から学ぶ「7つの戦略」<差別化戦略の種類> ~自分の商品に合った「差別化戦略」を見つけよう~
はじめに 上記の記事で、 ● 人にモノを買ってもらうにはその人の感情を動かさなければいけない。 ● 商品の差別化においても、ターゲットの感情を動かす「売り」を作る必要がある。 というお話をしました。 でも、具体的にどういう部分で差別化すればよいのか、イメージするのは難しいですよ...
差別化戦略の類型・そのメリットと事例(戦略①:ターゲットで差別化)
はじめに 先日、下記の記事で、私が成功事例を分析して類型化した、ヤマダ式「7つの差別化戦略」を紹介しました。 今日は、この「7つの差別化戦略」の中から「戦略①:ターゲットで差別化」のメリットと事例を紹介したいと思います。 「戦略①:ターゲットで差別化」の意義 「ターゲットで差別化」は7つ...

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

 

●知的財産権(特許権・商標権等)取得の申請
●ネーミング・ブランディング・商品開発等のコンサルティング
●セミナー・研修の講師依頼

については、お気軽にお問い合わせください!今すぐヤマダに相談する!

 

この記事を書いた人
山田 龍也(やまだ たつや)

企業の強みを引き出す言語化マイスター
クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)代表弁理士

化学メーカーで研究職を志すも挫折。
特許の世界に活路を見出し、弁理士を目指すが合格までなんと15年!
独立開業は50歳!
中小企業・個人事業主の支援実績多数。
ブログやセミナーで、センス不要のネーミング術「ロジカルネーミング」、ネーミングを起点としたブランディングのヒントを発信中!
スイーツ大好きスイーツ弁理士

山田 龍也(やまだ たつや)をフォローする
差別化
山田 龍也(やまだ たつや)をフォローする
ロジカルネーミングのすすめ ネーミングから始める企業ブランディング
タイトルとURLをコピーしました