エステー鈴木喬会長に学ぶ 中小企業の生き残り戦略(2)|モノづくりの鉄則

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。
 

この記事は、商品開発に関する記事です。
儲ける仕組みを作っていきたい中小企業様・個人事業主様に役立つ内容です。

ヤマダが独断と偏見でチョイスした

●商品開発・商品企画
●事業戦略
●特許・実用新案登録・意匠登録
●その他、ものづくりに役立つ情報

に関するニュースの中から、売れる商品づくりに役立つ情報を紹介します!

はじめに

前回は「ショ~シュ~リキ~♪」でお馴染み、エステーの鈴木会長のお話からモノづくり系中小企業の生き残り戦略、特に「市場選び」について考えてみました(*1)。

今日は、鈴木会長が「モノづくり」についてどのような考え方をしているか探ってみたいと思います。

小さな中堅企業でも勝てる戦略。モノづくりの「3ない」

とあるインタビュー記事で、鈴木会長が「『良いものを作れば売れる』は開発者の驕りにすぎない」というテーマで話をされていました(*2)。

この記事を読めば、鈴木会長がどのようなスタンスで「モノづくり」に向き合っているかがわかります。
ヤマダなりにポイントを3点にまとめてみました。

  • 生活必需品を作らない
  • 無闇に新商品を作らない
  • モノマネ商品は作らない

これが鈴木会長のモノづくりに関する考え方。モノづくりの「3ない」です。

生活必需品を作らない

鈴木会長は、

生活必需品はやらない。そこはコモディティーの大量生産・大量消費の世界だから。

とコメントしています。

前回お話しした「市場の3ない」の中の「マスプロダクト(大量生産品)に手を出さない」に通ずる部分ですね。
大企業が得意とする戦場では戦わないということです。

 

それでは何を作るのかというと、鈴木会長は、

私の方針は、「あってもなくてもいいものを売る」です。(中略)
その上で、「聞いてわかる、見てわかる、使ってわかる」で、高い効能と使用価値を提供しながら、そこからさらに心理的な満足感を売る。

と言っています。

 

洗剤やシャンプーのような生活必需品は「ないと困るもの」「(満足であろうが不満足であろうが)必要だから使っているもの」です。

これに対して、エステーが作っているのは「消臭剤」「脱臭剤」「防虫剤」「除湿剤」など。
確かに、あってもなくてもいい商品です。
「これがないと生活することができない!」というほどの商品ではありません(笑)

それでも、何某かの効果を感じられるものであれば、何箇月かして効果がなくなった時に、また買いたくなるんですよね。
リピーターが付くんです。

 

更に、鈴木会長は、

ドライペットなんて湿気を吸って水が貯まってきたのが目で見て分かり、脱臭炭は黒いゼリーがだんだん減ってきて最後は炭のカラカラ音がして使い終わりが聞いて分かる。
「あぁ、仕事をしてくれているんだな」と感じるのは気持ちがいいんですよ。

と説明しています。

「あってもなくてもいいもの」について効果を感じてもらう。
数箇月でなくなるようなものを作って、それを継続的に買ってもらう。

これがエステーのモノづくりについての考え方なのです。

無闇に新商品を作らない

モノを売りたいと思うと、次々に新しい商品を企画・開発したくなるものです。

しかし、鈴木会長はこんな警鐘を鳴らしています。

最近、「新製品が当たらない」と嘆く人が多いでしょ。
でも僕から言わせれば、ヒットしなくなったのではなくてやり過ぎてるんですよ。球数が多すぎる。

 

また、鈴木会長は、

「なるたけ出すな。それよりも今売っているものをヒットさせろ。あるいはヒットしているものをホームランにせよ」と言ってるんです。その方が利口ですよ。

とも言っています。

あまり色々なものに浮気せず、商品を絞って、じっくり取り組めということですね。
単発のヒット商品を狙うより、丁寧にロングセラーの商品を作っていく。

エステーはこういう地道な取り組みで、「消臭力」や「脱臭炭」をロングセラーに育て上げたのです。

モノマネ商品は作らない

「無闇に新商品を作らない」とは言っても、何も工夫をしなければロングセラー商品は産まれません。

鈴木会長は、

物まね商品はダメなんです。(中略)
リスクを取り少しだけでもいいから新しいもの、違うものをやり始め、しこしこやる。

と言っています。

 

  • 数少ない商品に本気で取り組む
  • 既存の商品に絶えず工夫を加えていく
  • 少しずつでも使い勝手を良くし、ユーザーの満足度を上げていく

ということでしょうね。

派手さはない。
でも地道な努力をする。

これがロングセラー商品を作っていく秘訣だと思います。

まとめ

小さな中堅企業でも勝てる戦略。モノづくりの「3ない」は、

  • 生活必需品を作らない(あってもなくてもよいけれど、効果がわかる商品を作る)
  • 無闇に新商品を作らない(数少ない商品をロングセラーに育てる努力をする)
  • モノマネ商品は作らない(少しだけでもいいから新しいものを作り、それに絶えず工夫を加えていく)

の3つです。

「地道にしこしこやる」がキーワードですよ!

参考サイト

(*1)エステー鈴木喬会長に学ぶ 中小企業の生き残り戦略(1)|市場選びの鉄則

エステー鈴木喬会長に学ぶ 中小企業の生き残り戦略(1)|市場選びの鉄則
はじめに 大企業と中小企業では経営資源(資本力やマンパワー)に圧倒的な差があります。 大企業と同じやり方をしていたら、中小企業は勝てないどころか、生き残ることすら難しいでしょう。 今日は「ショ~シュ~リキ~♪」でお馴染み、エステーの鈴木会長のお話からモノづくり系中小企業の生き残り戦略を探ってみたいと思いま...

 

(*2)『良いものを作れば売れる』は開発者の驕りにすぎない|ダイヤモンド・オンラインから引用しています。

「良いものを作れば売れる」は開発者の驕りにすぎない
中小・中堅企業が生き残る必勝不敗の経営がある、というエステーの鈴木喬会長。そうした発想と自信は、どのような経験から育まれたのだろうか。発想の源泉を聞いた。

おまけ

今回引用した記事のタイトル「『良いものを作れば売れる』は開発者の驕りにすぎない」。

これはヤマダも事あるごとにお客様にお伝えしていることです。

開発者が自分の作った商品に自信を持つのはいいことです。
でも開発者から見た良い商品、技術的に優れた商品が売れるとは限りません。
「技術的に優れている」と「ユーザーが効果を感じる」の間には思っている以上に大きな隙間があるんですよね。

オススメの記事

中小企業の方へのお役立ち記事はこちら!

 

特許庁の中小企業支援策がまる分かり! ~”知財”を事業に活かす虎の巻~
クロスリンク特許事務所(銀座・東銀座・新橋)のヤマダです。 はじめに ● 下請けを脱却したい ● 海外に事業を展開したい と思っても、 ● どこから手を付けたらいいのかわからない ● 資金面が不安 という中小企業の経営者の方も多いと思います。 今日はそんな中小企業に対する...
初心者に最適。知財を学べる動画サイト「もうけの花道 ~知財戦略のススメ~」
クロスリンク特許事務所(銀座・東銀座・新橋)のヤマダです。 はじめに 最近、特許庁などのお役所が知財初心者向けのコンテンツ作りに力を入れています。うまく使えば、いい情報源になると思いますよ。 ということで、今日は経済産業省・中国経済産業局が作った、知的財産を学べる動画サイト「もうけの花道 ~知...
特許出願の審査請求料・特許料が半額に軽減されます  ~特許料等の減免制度~
クロスリンク特許事務所(銀座・東銀座・新橋)・弁理士のヤマダです。 はじめに これから真剣に特許に取り組んでいきたい。でもお金がない! そんなあなたは「特許料等の減免制度」を検討してみましょう! 特許料等の減免制度の内容とそのメリット 皆さんは、「特許料等の減免制度」をご存知でしょうか? ...
タイトルとURLをコピーしました